うつに関するストレスチェックは?気軽に自己診断できるおすすめサイト2選

うつのチェックができるサイト

SHARE

うつに関するストレスチェックは?気軽に自己診断できるおすすめサイト2選

もしかしてうつ病?セルフチェックができるおすすめサイト3つ

自分のうつ状態について知ることができるストレスチェックのサイトについてです。
ストレス診断を行うことで自分の肉体や精神のストレスの状態を把握できるチェックや、うつ状態についてどの段階にあるかを知ることができるチェックがあります。

ストレス診断チェック

心理学と統計学を利用したストレスチェックを行うことができます。
人間関係や身体的な負担など、人は社会で生きるうえで様々なストレスを抱えていきます。
自分ではあまりストレスを感じていないと思っていても、社会に適合するために無意識に自分を抑圧している場合など、実際は大きなストレスを抱えていることもあります。
ストレス診断チェックでは、自分が今どの程度のストレスを抱えているかを把握することができます。
質問は全部で46問あり、全く当てはまらないからかなり当てはまるまで、5段階の点数をつけることで回答します。
精神的ストレス、身体的ストレス、抑うつ、絶望感の4つの項目について、点数と段階の結果が表示されます。
精神的ストレスは、落ち込み、憂鬱、不安、気が晴れない、集中できない、悲しい 、といった気分に表れます。
身体的ストレスは、頭痛、だるさ、めまい、肩こり、胸の痛み、息切れ、などの症状の原因となります。
精神的なものも肉体的なものも、適度なストレスは日常生活を送るうえで一種のスパイスとなって作用します。
適度なストレスであれば、生活を整えたり自分を成長させるための原動力となりますが、重すぎるストレスは心身の不調の原因となります。
抑うつは、落ち込みやすい、何もかも面倒に感じる、集中力が無い、罪悪感を感じる、という状態に表れます。
絶望感は、解決策が浮かばない、未来は暗いと思う、助けてくれる人はいない、どうにもならない、といった考えを引き起こします。
抑うつや絶望感は、適度な気晴らしをして感情を切り替えるなどの対策を講じないと、やがてうつ病などの重い症状に移行する場合もあります。
ストレスチェックを活用することで、うつ病などの精神疾患の予防策を講じるきっかけにすることができます。

うつ病診断チェック

この「うつ病 診断チェック」は自分自身の気分の傾向を数値で測定して無料でうつ病の傾向をチェックすることが出来ます。
質問や全21問で、自分の将来、気分、失敗などの項目について5段階の程度から選んで回答します。システムのレスポンスが速いので、テンポよくチェックすることができます。
このうつ病診断チェックは、アメリカの精神科医であるアーロン・ベックが考案した、ベックのうつ病自己評価尺度を元に作られたものです。
これは抑うつの程度を客観的に測るための自己評価表として広く用いられいているものです。
質問に回答することでうつの状態を客観的に数値化し、うつ病の傾向についてわかりやすく把握することができます。
うつ病診断チェックには無料の相談掲示板も作られており、うつやチェックについての感想やコメントを書き込むこともできます。
質問に全て回答すると、自分のうつ状態について10段階の点数で知ることができます。
うつ状態の段階に応じて、気分転換の方法や専門家への相談の必要性などのアドバイスを受けることができます。

仕事のストレスチェックができるサイト3選

仕事や職場でストレスを受け続けると、心身の不調や仕事への意欲の低下などの原因になります。
自分が仕事で受けるストレスの程度や原因について、ストレスチェックができるサイトについてです。

5分でできる職場のストレスセルフチェック

職場でどのようなストレスを受けているか、ストレスチェックを行うことができるサイトです。始めに性別を選んでから回答します。
一生懸命働かなければならない、かなり注意を集中する必要がある、職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる、などの質問に対し、4つの選択肢から選んで回答します。
質問は4つのステップに分かれています。仕事について17問、最近一カ月の状態について29問、周りの方々について9問、満足度について2問の全57問です。
質問数は多いですが、システムの展開が早いので、ストレスチェックをスムーズに行うことができます。
診断結果では、ストレスの原因因子、ストレスによる心身反応、ストレス反応への影響因子、の三つの項目についてグラフで把握することができます。
ストレスの原因因子の項目は、どのような要素が自分のストレスの原因になっているかを把握することができます。
仕事の量や質が心理的な負担になっているか、職場の対人関係でストレスがあるか、職場環境にストレスがあるかなどを、円グラフで知ることができます。
ストレスによる心身反応の項目は、ストレスを受けた結果、自分の心身にどのような反応となって現れているかを知ることができます。
イライラ感、疲労感、不安感、抑うつ感、肩こりや不眠などの身体愁訴などが、主な心身反応の例です。
ストレス反応への影響因子は、ストレス反応を緩和するきっかとなる周囲のサポートがどの程度確保されているかを図るものです。
上司からのサポート、同僚からのサポート、仕事や生活の満足度などが、ストレス反応を和らげる要因となるものです。
その他、自分は現在どのようなストレス反応が生じうるか、自分の仕事の環境に置いてストレスの原因となりうる因子は何かなどについて、アドバイスが提示されます。
診断結果をPDFで保存したり、メールアドレスに送信してもらうこともできます。

職場のストレス診断チェック

仕事がうまくいかないと感じていたり、会社に行きたくないと悩むほどの状態に陥っていないか、ストレスチェックをすることができるサイトです。
夜寝るときがゆううつだ、朝出勤したくない、コミュニケーションがうまく取れない人がいる、などの15問の質問に、はいかいいえで回答します。
診断結果では、どの程度のストレス状態にあるかを知ることができるほか、診断結果をツイートしたり、悩み相談のコーナーに飛ぶことができます。
また、ユーザー登録をすると、履歴から過去の診断結果を確認したり、悩み相談時にチェック結果を参照することができるようになります。

ストレスチェック診断 職場・仕事のメンタルヘルス編

厚生労働省が発表したストレス診断をベースに作成されたストレスチェックです。
非常にたくさんの仕事をしなければならない、高度の知識や技術が必要なむずかしい仕事だ、私の部署内で意見のくい違いがある、などの17の質問に回答します。
回答は、かなりあてはまる、あてはまる、ちがう、ぜんぜんちがう、の4種類の中から選択します。
職場でどの程度のストレスを受けているか、そのストレスによって心身の状態にどのような影響が出ているかを自分で確認するためのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です