これから学びたい人向けカウンセリングを学ぶ方法ランキング

ペットロスのカウンセリング

SHARE

これから学びたい人向けカウンセリングを学ぶ方法ランキング

カウンセリングを学ぶための方法はいくつかありますが、これからカウンセリングを学びたいという初心者の人がどの方法を選べばいいのか自分で判断するのは大変だと思います。そこで、これからカウンセリングを学びたいという方のために、カウンセリングを学ぶ方法をランキング形式でまとめました。それぞれ一長一短があります。自分の目的と照らし合わせてどれがいいか判断してくださいね。

第4位 本で学ぶ

本でカウンセリングを学ぶ方法です。カウンセリングや心理学について書かれた本は大量に存在します。インターネットで検索すれば、おすすめの本を知ることができます。書評がのっているものもあるでしょう。本で学ぶことのメリットは、短時間で知識を大量に詰め込むことができるということです。自分のペースでどんどん読み進めることができるため、どんどんカウンセリングの技法を学ぶことができます。デメリットは、本で学ぶため実践ができないという点です。また、わからないことがあったときに質問ができないということも挙げられます。独学で自分で勉強したいという人は、専門書を購入するか図書館で借りて勉強するといいでしょう。他には、独学で勉強しているため、資格もなく、周りから見れば素人と大差がないという点が挙げられます。

第3位 通信講座で学ぶ

通信講座は学校に通うのに比べて安く短期間で学ぶことができるというメリットがあります。何かしらのカウンセリング系の資格取得を目標としているため、勉強しやすいというメリットがあります。本だけでなくDVDなどで映像を見ながら実践的なテクニックを学ぶことができます。また、質問ができる講座なら、質問ができるという点も大きいです。デメリットは、やはりスクールに比べると実践力が劣るという点でしょう。

第2位 カウンセリングスクールで学ぶ

大学のように何年も通う必要がなく、短期間でみっちりカウンセリングの技術について学ぶことができます。実践的なカリキュラムになっていれば、ロールプレイなどを通じてカウンセリングを学ぶことができます。また、一緒に学ぶ存在がいるのも、やる気につながっていいですね。デメリットとしては、学校によって当たり外れがあることと、合わなかった場合に途中でやめにくいということが挙げられます。どのスクールにするのか、慎重に選ぶ必要があります。

第1位大学、大学院で学ぶ

1位は大学や大学院で学ぶということです。きちんとしたカリキュラムで学べること、実習先など研修に困らないことがメリットです。また、志のある優秀な若者と学べるため、刺激を得ながら成長することができます。臨床心理士や公認心理師など、信頼性の高い資格の受験資格を得られるという点もかなり大きいです。デメリットとしては、年数と高額な費用がかかることが挙げられます。数年間と数百万かけて卒業することになります。他には、教養や論文執筆、言語などカウンセリング以外にも勉強することが多く大変だということが挙げられます。

自分の目的にあったものを選ぶ

カウンセリングを学ぶ方法はいろいろあることがわかっていただけたと思います。自分がカウンセリングを学んでどうしたいのか考えたうえで選ぶといいでしょう。ランキングはあくまで参考です。最終的には、自分の目的にあったものを選ぶことが大切になります。