カウンセラーとはどんな資格?

SHARE

カウンセラーとはどんな資格?

心が疲れてどうしようもなくなったことがある人にとっては、実際に行動に移すかどうかはさておき、一度は頭をよぎる「カウンセリング」。カウンセリングを受ければ、多かれ少なかれ心が楽になるとは思いますが、友達でもない人に気持ちを打ち明けるのは気が引ける、という人もいるかもしれません。

そんな、友達でもないのに、人の思いや気持ちを聞き心を静めてくれるカウンセラーとは、どのような人たちであり、どのような資格を持っているのでしょうか。あまり身近にはいない、カウンセラーという仕事の世界について、少しだけ掘り下げてみます。

カウンセラーという職業につくには

カウンセラーと言っても、守備範囲は大きく、様々な種類があります。又、カウンセリングをする場所によってカウンセラーの種類や呼び名が変わり、取得する資格も変わります。

例えば、心理学系の職業は、医療・司法・産業・教育・福祉・研究というように、大きく分けることができます。もし、カウンセラーの資格を取りたいとお考えなら、まずはどこでカウンセリングをしたいかを考える必要があります。

そして、心理学系の資格には、直接職業に結び付くものだけではなく、自己のスキルアップの為だけに取得するものあります。

カウンセラーの資格を取る意味

病院の医師とは異なり、心を扱うカウンセラーは、目に見えないものを治療する分、患者からの信頼も大きな治療の要素になります。そういった意味でも、カウンセラーを目指すなら、信頼を得るための一要素として、資格の取得が必須です。又、資格を取得したからといって、すぐに開業できるわけではなく、実務の経験も必要になり、なかなか希望が結実するには時間がかかる事を知っておく必要があります。

カウンセラーの資格を取る方法

まずは、資格の取得が必要になりますが、その取得方法には、専門のスクールに通う方法、通信講座を受講する方法などがあります。専門スクールに通う場合、決められた時間の中でしっかり学ぶことができ、その場で質問をする事が出来ますが、どうしても費用が高くなります。一方、通信講座で受講する場合、自分のペースで学ぶことができ、努力に比例して知識が身に付きますが、わからない点を解決するのにタイムラグが生じます。

以前は通信講座の継続しにくさがデメリットとなっていましたが、今は講座内容や継続するための工夫もされていて、以前よりも資格が取得できるよう改善されています。

通信講座で取得できる心理カウンセラー資格

通信講座で取得できるカウンセラーの資格には、臨床心理士のように難易度が高い分、多くの場面で活躍する資格から、メンタル心理士のように、ストレスを受けながら頑張る社会人をサポートする、実際の社会生活に即したものまで、幅広くあります。通信講座で取得できる資格の中でも、どれか一つ資格を持っていれば心理カウンセラーとして活躍できますので、カウンセラーを目指す方は、一度どんな種類があって、自身の考えるカウンセラーに近い形の資格はどれなのか、調べてみましょう。

最後に

一昔前の日本では、心が辛くなるのはその人の精神修業が不足しているからだという、ツラくなる人の方が悪いような扱いを受けていましたが、今ではストレスの緩和や心のケアなど、カウンセラーの需要は右肩上がりです。

もし、カウンセラーの仕事に興味がある方は、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です