カウンセラー.xyz

カウンセリングでも楽にならない原因は?

カウンセリングの人気Posted 2016.11.13

    カウンセリングを実際に受けた方の中でも、「その後一向に楽にならない」といって、カウンセラーを転々とする方が結構いらっしゃるようです。病気の時に薬を処方するのとは違い、カウンセラーにとって処方する薬は「言葉」であり、それはカウンセラーの武器でもあります。

    カウンセリング事態が、心がツライこと自体もパッと見てわかるものではありませんし、その効果も結局はクライアント本人にしかわかりません。それ故カウンセラーの良し悪しも見えにくく、相性の悪いカウンセラーに当たってしまって、余計に傷つけられたり落ち込んだりするケースもあるようです。

    今回は、「カウンセリングでは楽にならない」現象について、いくつかの側面から見ていきたいと思います。

    感じ方の良し悪し

    カウンセリングを受けようと思った時、自分がどうしてカウンセリングを受けたいと思ったのか、心理学的な理屈を知りたいわけではありません。それどころか、そんな理屈は頭ではわかっているけどどうしようもなくてカウンセリングを受けに来たというのに、知識をとうとうと語ったり、他のクライアントと比較して、症状はまだましだと諭したり、考え方を否定されたり、カウンセリングの本来の意味を知らないカウンセラーが存在するのも又事実のようです。

    カウンセリングにおいて何より最優先されるのは、クライアントが感じた事や考え方、そして決断です。従ってクライアントの感じる事に、良い悪い・正解不正解は存在しないはずです。

    本来カウンセリングはツラいものです。なぜなら今までフタをしてきた辛い感情や出来事を掘り起こす作業が何より大事だからです。しかしあなたが受けたカウンセリングで、あなた自身を否定するような発言や、逆に話を聴く以外全く共感する気配もないような場合は、カウンセラーを変える事をお勧めします。クライアントの感情を否定したり共感しないカウンセラーは、カウンセリングの趣旨をわかっていないと推測できるからです。

    カウンセラーだってツライ

    クライアントに意見したり、感情を否定したり、逆に話を聴くだけで終わるようなカウンセラーならやめた方が良い・・・と素人の筆者が偉そうに言いましたが、カウンセラーも中々辛いようです。

    カウンセラーだって人間、神ではありません。人間が人間の心を治療するのは、かなりの覚悟と集中力が必要です。カウンセリング中、カウンセラーから誘導するわけにもいかず、クライアントから出てくる言葉を先手先手で考えながら、次の一手を考える・・・。ずっとクライアントの話を聴いているだけのように見えますが、常に頭の中はフル回転、カウンセリングが終わった後は、反省と放心で少しの間動けないほど疲労を抱える人もいるようです。

    最後に

    ツライ心を癒してほしいという気持ちでカウンセリングを受けると、ツライ感情を引き出したり、かなりツライものになります。しかしそのツラさをクライアントが超えた時、一回り大きくなれるいわば必要悪なのです。

    カウンセリングを受けようとする時、既に頭の中が混乱状態ですので、「ツライ」を分析するのは非常に難しい状態だと思いますが、まずは「ツライ」という感情自身を大切に、その感情をカウンセラーにぶつける事で、自分自身の感情を分析する事こそが、答えへの近道です。

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP