カウンセラー.xyz

カウンセリングで起業する際のポイントと集客のための3つのステップ

カウンセリングの人気Posted 2017.03.16
    カウンセリングの開業と集客のポイント

    カウンセリングで起業する際におさえておくべきポイントについてです。

    メールマガジンを作る

    カウンセリングに関する知識などを記載したメールマガジンを作って発信することも、カウンセリングで起業する場合に有効な方法です。
    メールマガジンは基本的に無料で作ることができ、書き直しも簡単にできるので、紙媒体のダイレクトメールなどに比べて作成のコストや手間がかかりません。
    また、メールマガジンを定期的に発信することで、自分の活動やカウンセリングルームのPRなどの営業活動を継続的に行えます。
    ホームページやブログはコンテンツを作成後は基本的に待ちの状態になりますが、メールマガジンは自分から積極的に動いていくために有効なツールです。
    良質なメールマガジンを発信し続けることで、カウンセラーとしてのブランド価値を高めていくこともできます。
    メールマガジンには自分のプロフィールやカウンセリングルームへのアクセス方法、ホームページのリンクなど、カウンセリング活動に関する情報を必ず記載するようにします。

    ホームページを作る

    カウンセリングで起業するにあたって、ホームページの作成は必須ともいえる作業です。
    クライアントがカウンセラーなどの専門家を探す場合、他者からの紹介を除けば、その方法としてはインターネットを検索する場合がほとんどだからです。
    起業する場合、ホームページをカウンセリングのクライアント集客のためのコアと位置づけ、まずはホームページ作成から始めると良いでしょう。
    ホームページを一から作成するのが難しい場合は、ブログに登録してそこから情報発信を行うと良いです。
    ホームページにせよブログにせよ、大切なのは作成後にマメに更新することです。ホームページを更新することで、定期的な回覧を望むことができるからです。
    逆にホームページを更新しなければ、新しいクライアントの集客を望むことは非常に難しくなります。
    カウンセリングについての簡単なコラムなどを作成し、定期的に掲載すると良いでしょう。
    また、ホームページは検索エンジンで上位に結果表示されたほうが高い集客効果が望めるので、そのためのSEO対策をしておくと良いです。
    その方法としては、SEO対策もできるホームページ作成業者に依頼すると手間がかからず効果的ですが、コストがかかります。余裕がある場合は視野に入れると良いです。
    ホームページに最低限必要な情報としては、プロフィール、アクセス方法、問い合わせ、料金、メニュー、申込みフォーム、守秘義務、免責事項などです。

    登録サイトに登録する

    カウンセラーを地域ごとや相談内容などで検索できる、カウンセラー紹介のサイトがあります。
    カウンセリングで起業する場合、そうしたサイトに登録しておくとクライアントの獲得につながります。
    紹介サイトはいくつかありますので、できる限り多くのサイトに複数登録しておくと効果的です。
    紹介ページはそのまま自分の宣伝になるため、プロフィールなどの情報は出来る限りわかりやすく書くようにします。
    また、こうしたサイトではカウンセラー紹介以外にも、カウンセリングについての質問や悩み相談などの無料サービスが実施されている場合が多いです。
    そうしたサービスでマメに質問に回答することで、カウンセラーとしての認知度を高めていくことができます。

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP