カウンセリングとコーチングの違いは?種類と必要なスキル

カウンセリングとコーチングの違い

SHARE

カウンセリングとコーチングの違いは?種類と必要なスキル

コーチングとは、目的の達成のためにクライアントのやる気を引き出したり、勇気付けたりして行動を促すためのコミュニケーションを体系化したものです。
コーチングは具体的な目標を達成するだけでなく、目標達成や課題解決のための行為や努力によって、クライアントの能力を高めたり、成長を促す役割もあります。
コーチングはビジネスやスポーツ、ショービジネスなどで成果を上げるために効果的なほか、子供の教育や能力開発、日常生活における悪癖の改善など、様々な分野に有効な手法です。

コーチングの種類

コーチングは、大きく分けて個人むけのパーソナルコーチングと法人むけのビジネスコーチングの二種類に分けることができます。
パーソナルコーチングは、個人の目標を実現したり、能力を伸ばしたり成長を促すことをコーチングの主眼とします。
ビジネスコーチングは法人や企業にとって有用な仕組みやテーマを扱います。社員のモチベーションを高める手法を模索したり、働きやすい職場を作るための社員の意識の改善を行うなどの活動があります。

コーチングの語源

コーチングのコーチとは、ハンガリーのコチ(Kocs)という町の名前に由来します。
コチは四輪の馬車が最初に製造された町で、乗り手を無事に目的地まで運ぶ馬車の役割が、学業やスポーツなどについて指導し、相手を導くコーチの語源になりました。

コーチングに必要なスキル

コーチングに必要なスキルは様々です。
目標達成のためには、クライアントのモチベーションを維持することが重要になってきます。
モチベーション維持のためにその時その時の無理のない課題設定や、モチベーションが低下したときの適切な励ましやケアができることが重要です。
次に、コミュニケーションの能力が重要です。目標達成のために必要なことや、次に何をすべきかなどの事柄を、相手にわかりやすい形で的確に伝えることができる能力が重要です。
また、効果的なコーチングのためには、障害やトラブルにも揺るがない強固な信頼関係の構築が大切です。そうした信頼関係を築くためにも、適切なコミュニケーションをとれるスキルが必要です。

カウンセリングとコーチングの違い

カウンセリングは今現在の問題を解決するために機能するのに対し、コーチングは問題ではなく、目の前の目標を達成するために機能するものです。
カウンセリングがマイナスをプラスにするものと考えると、コーチングはゼロをプラスにしたり、プラスの数を増やすものと考えることができます。

カウンセリングとコーチングの共通点

カウンセリングとコーチングには共通点があります。カウンセリングもコーチングも、クライアントが主体となる点で共通しています。
カウンセリングではクライアントが抱える問題点を明らかにし、それをケアするための手法を駆使したり、解決策を導くための対話を重ねます。
コーチングではクライアントが達成したい目標を設定し、達成のために必要な行為やモチベーションの持ち方について助言や指導を行います。
問題の解決も目標の達成も、最終的にはクライアント自身が行為を継続したり、モチベーションを維持するための努力を続けられるかどうかが重要です。
また、クライアントの性格や長所を把握して、一人一人にあった最適な方法を提案するための前提となる観察眼や、クライアントを励ましたり承認することで相手に力与える能力なども、共通して必要とされるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です