依存症がよくわかる!カウンセリングに役立つ日本映画おすすめ3選

カウンセリングの依存症について学べる映画

SHARE

依存症がよくわかる!カウンセリングに役立つ日本映画おすすめ3選

カウンセリングなどでケアの対象となる、依存症を内容とする日本の映画についてです。

きらきらひかる

小説を映画化した1992年の作品です。アルコール依存症の女性と同性愛者の男性の、一風変わった結婚生活を描いた恋愛映画です。
フリーの翻訳家をしている笑子は情緒不安定なアルコール依存症で、親の勧めで見合いをすることになります。
相手の男性は同性愛者の医師である睦月で、二人はお互いの事情に納得して結婚します。
奇妙な新婚生活にも慣れてきた頃、睦月の恋人の紺に笑子が接触しようとしたことで、三人の間に恋愛関係とも友情関係ともいえない、不思議な関係が出来上がります。
そんなある日、笑子の両親に睦月が同性愛者であることが発覚し、離婚騒動が持ち上がります。
三角関係を描いた作品ですが、ドロドロとしたものではなく、問題を抱えた男女が様々な障害を乗り越えて絆を深めていく、さわやかな作品です。

おとうと

2010年の映画です。東京で女手一つで子供を育ててきた姉と、芸人にあこがれながら自堕落な生活を送る弟の家族関係を描いた作品です。
姪の結婚式の当日、今日は一滴も飲まないと約束した弟ですが、披露宴の乾杯のシャンパンを見ているうちに我慢が出来ずに飲んでしまいます。
そしておだてられるままに一気飲みを繰り返し、披露宴を台無しにしてしまうのが映画の冒頭のシーンです。
映画の後半では、様々な病に蝕まれてベッドから起き上がることができない状態になる弟ですが、見舞いに来た姉に水と偽って、焼酎を点滴に入れさせるシーンがあります。
笑いと涙を織り交ぜつつ、家族の心温まる絆を描いた感動作ですが、アルコール依存症に関する描写については、控えめな中にも静かな迫力があります。

ばかもの

同名の小説を原作とする2010年の映画です。
父親が財布を忘れたことをきっかけに知り合った年上の女性と結ばれた大学生の主人公は、ある日突然一方的に別れを告げられてしまいます。
心に深い傷を負った主人公は、友人の紹介で知り合った別の女性と暮らし始めますが、虚しさを紛らわすために徐々にアルコールに溺れていきます。
アルコールをきっかけに勤めていた会社を辞め、やがて恋人も友人も去っていく主人公でしたが、飲酒運転で交通事故を起こしたことをきっかけに治療を決意します。
苦しみながらも回復し、徐々に自分の人生を取り戻していった主人公は、ある日別れを告げられた恋人と再会する機会を得ます。
恋愛映画ですが、主人公の行動を通じてアルコール依存症の症状を容赦なく描写しており、衝撃を受けます。

もうひとつの人生

1995年の映画です。大阪で自助グループを結成した、複数のアルコール依存症の患者とその家族の生活を描いた作品です。
暴力などの過激な行動を伴わない夫の症状を、最初はアルコール依存症とは認めることができなかった妻は、すれ違ってきた関係をやり直そうと記念写真を撮ります。
入院中に知り合った三人の仲間は、一人が院内で飲酒してしまったことをきっかけに、離婚話が進みます。アルコールについて同じ体験と悩みを共有する仲間たちは、彼のためにアパート探しを始めます。
断酒歴十二年の女性は、アルコールとの決別と引き換えに、夫と子供とも分かれなければならなかった自分の人生を振り返ります。
映画の中では、アルコールについての危険性や依存症についての警鐘などは一切なく、依存症に関する当事者の日常や想いを誠実に映し出した作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です