カウンセリングに欠かせないスキル

SHARE

カウンセリングに欠かせないスキル

心が辛くなったことがある方なら経験があると思いますが、一つ自分の中で引っかかる事があると、ずっとそのことについて思考を巡らせ、堂々巡りのまま答えが出ない・・・物事に踏ん切りがつけられなくなります。ああでもない、こうでもないと自分の考えが頭の中でずっと回って、その意見は吐き出されないので、ずっと頭と心にとどまります。

かといって、心は疲れきっているので、誰かに自分の思いを話して否定されたり笑われたりしたら立ち打ちできないので、まず人に思いを語る事が極端に減ります。

さて、そんなクライアントが来たら、あなたがカウンセラーだったら、どう対処しますか?今回は、カウンセリングにはどのような技術が必要なのか、探っていきます。

「話をきく」という事

心にとどまり続けた、その人の思いがドロッと残った状態で、どうしようもなくなって患者さんはカウンセリングにやってきます。そのクライアントを治療するとなると、どうすれば良いのでしょうか。心にとどまった思いを吐き出してもらうだけでいいのでしょうか。

「話しをきく」に関連してよく言われるのは、「聞く」と「聴く」の違いです。「聞く」は聞こえてくるから聞いている状態で、「聴く」は注意深く聴く時に使われ、「傾聴」ともいいます。友人の悩みを聴くのなら「傾聴」で終わってもいいでしょう。しかし、友人の悩みを聴く事が、カウンセリングにはなりません。では、「傾聴」と「カウンセリング」の違いはなんでしょう。

カウンセリングと傾聴の違い

もちろん、カウンセラーはクライアントの話に傾聴します。そして、傾聴して得た内容を基に、何が原因で今の状況になっているのかを分析します。そして、心理療法を行い、治療しつつ、現状を打破するための解決方法を、クライアントと考えていきます。

つまり、傾聴はあくまで親身になって聞くのみで、話をした方も「すっきりした」だけにとどまります。一方カウンセリングではその後、分析・心理療法・問題解決のアプローチというスキルが必要になります。

では、実際のカウンセリングで必要なスキルについて、具体的な技をいくつかご紹介します。

実践的なカウンセリングの技

カウンセリングの基本は、やはり患者さんの状況を正しく聞き出すための傾聴です。以下の点に注意する事で、より深く傾聴する事ができます。

はげまし:話をしっかり聞いている事の証となります

言い換え:相手の気持ちを受け止め、正しい内容で言い換えます。

要約:重要な部分を繰り返し、そのほかの部分を短縮して伝えます。

共感:患者さんの目線で考える事で感情を反映させます。

このようにして深く傾聴をした後、その内容を基に、更に分析に必要な情報を聞き出すための質問をし、そして傾聴を繰り返します。

質問する際は、質問者の「私がどう思ったか」を駆使し、質問者自身の感情も素直に伝える事も大切です。

最後に

初期のうつ病では、カウンセリングが非常に有効なようで、ぐるぐる頭の中で回っている感情の澱も、まだそこまでドロドロにはなっていないので、取り除きやすい状態です。心が疲れたなと思ったら、外出する事が億劫になり重症化する前に、軽い段階でカウンセラーの傾聴・心理療法・問題解決の技で、心をスッキリおそうじしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です