カウンセリング術向上のために役立つカウンセリング研修

カウンセリングの研修

SHARE

カウンセリング術向上のために役立つカウンセリング研修

カウンセリングに関する団体において、各種の研修会が行われています。

カウンセリング研修のメリット

カウンセリング研修に参加することで、カウンセリングの最新の考え方や技術などを学べます。
研修会で学んだことを普段のカウンセラーとしての活動にフィードバックすることで、自分のカウンセリングの質を向上させることができます。
また、研修会に参加することで、他のカウンセラーや活動団体など、カウンセリングに関する人脈作りにもつながります。
研修をライフワークの一つとして定期的に参加することで、古い考えや方法に凝り固まることなく、自分の知識や技術を常にアップデートすることができます。

日本ケア・カウンセリング協会

日本ケア・カウンセリング協会は、特定非営利活動法人として認定された協会です。
看護や介護など、ケアリング従事者のサポートを主目的として、ケアをする人も受ける人も、皆が元気になれる社会をテーマとした、カウンセリング研修を実施しています。
日本ケア・カウンセリング協会では様々な研修講座が用意されています。

ケア・カウンセリング基礎講座

ケアとカウンセリングの基本概念について学ぶ研修講座です。
人間関係スキルアップ講座、コミュニケーションスキルアップ講座、自己分析スキルアップ講座の三種類の研修が用意されています。
各講座はそれぞれ初級、中級、上級の位置づけになっており、順番に受講することで、カウンセリングについて初心者でも無理なく学ぶことができます。
簡単な人間関係の改善方法を学ぶことでケアとカウンセリングについての勉強の基礎とし、コミュニケーションの具体的なスキルを習得することを中級の目標とします。
最後に、セルフチェックによる自己分析を可能とすることで、上級の研修とします。
研修講座は順番に受講することができるほか、自分に必要なものを単発で受講することもできます。

関係回復ロールプレイワークショップ

人の間と書いて人間と読むように、人間は他社との関係性の中で自己の生活を営む社会的な生き物といえます。
日常生活において避けることのできない様々な他者との関係の中で、どうしてもぎくしゃくしてしまい、上手くいかない関係の回復を図るワークショップです
日常の中の様々なシーンを題材に、他者とのトラブルが起こりやすい場面を想定した研修ロールプレイを実施します。
研修では、トラブルの中でも互いに肯定的な態度を取ることができるような技能の習得を目指します。
ワークショップは1泊2日の宿泊研修の形式で行います。研修時間を十分にとることで、充実したロールプレイを行うことが可能です。

行動形成法

日常生活の中には、やろうと思えばすぐにできることなのに、中々やる気が起きず、つい先延ばしにしてしまう事が多くあります。
あるいは、今度こそ止めようと思うのに、中々止めることができない事もあります。
例えば、どうしても押し入れの中を片付けることができない、つい何冊も読まない本を買ってきてしまう、などです。
こうした事柄を、無意識に抑制された記憶や感情に由来するものとして捉え、解決を目指すのが行動形成法です。
具体的な例による研修ロールプレイによって、問題を修正する方法を探っていきます。
研修は半日、一日、宿泊の三種類の時間が用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です