カウンセリングは、どうして料金が高いのか

SHARE

カウンセリングは、どうして料金が高いのか

心が苦しくなった時、放置しているとどんどん辛くなって元に戻りにくくなる為、なるべく早い段階でカウンセリングを受けましょう・・・とは言うものの、カウンセリング料金って、どうしてこうも高いのでしょう。しかも1度カウンセリングを受けたら完治するわけでもなく、継続して受ける事が効果的なはずなのに、高くて通えないと思っている方も多いでしょう。

では、そもそもどうしてカウンセリングの料金は高いのでしょうか。高い料金にはそれなりの理由があるはずですよね。そこで今回は、カウンセリング料金の高さについて考えていきたいと思います。

あえて高く設定?

カウンセリングの中でも、病院に併設されている、保険適用で比較的安価に受診できるものがありますが、高い料金と安い料金のカウンセリングを比較した時、安い料金のカウンセリングを受けた人が心の問題を解決できているかというと全く逆で、かえって状況が悪化している場合もあるそうです。

例えば、安いバッグと高いバッグでは、どちらが丁寧にメンテナンスをして使うかと言われれば、高いバッグであり、安いバッグは比較的雑に使ってしまう事も多いでしょう。この例同様、安い診療代で受けたカウンセリングでは、カウンセラーからの話も、分からなければ、次受けたときに聞けばいいか、と1度のカウンセリングをおざなりにしても、安いから次があると考えがちです。

カウンセリングを受けるという目標

カウンセリングが必要なくらい心が弱っている=仕事ができない=社会的弱者・・・と考えてしまうと、社会的弱者=カウンセリングが必要なぐらい弱っている=仕事ができない・・・と振り出しに戻ってしまいます。

友人なら、「かわいそう」で済ませられるかもしれませんが、実際問題、本人の努力で這い上がってこないと現状打破できませんし、寝ていたら心の闇に光が差すというものでもありません。荒療治かもしれませんが、もし心が弱って仕事ができないとき、それを逆手にとって、「カウンセリング料金を捻出するまで、まずは働いてみる」という目標を立て、そこに向かっていくことが、治療の第一歩にもなります。

カウンセリングの価値がわからない

私たちは、そのものの価値と比較して商品を購入します。車に例えるなら、燃費が良くてたくさん人が乗れて使い勝手のいい車がある場合、その事を知っている人なら、ある程度の出費は覚悟のうえで購入するはずです。反対に同じ条件の車が、予想ははるかに超えた安い価格の場合は、車に精通する人から言わせれば、どこかに欠点があるのではないかと考えます。

カウンセリングも同じように考えることができます。カウンセリングは、薬を使わずに言葉と知識と経験で心の問題を解決するというかなり高度な方法が用いられます。ですので、高い事が普通であり、その高度な治療法が安価な場合、どこかに欠点や不具合があるのではないか、と考える方が自然です。が、カウンセリングの効果をまったく信じていない人にとっては、ただ額面通りの金額を見て、「高い」と感じてしまうのです。

最後に

カウンセリングが高い理由、ご理解いただけましたか?病院で保険適用の範囲内で受けるカウンセリングが、すべてダメだという事ではありませんが、カウンセリングの料金とその質は比例すると言われています。ですので、心がツライなぁと思ったら、カウンセリングの高価格分だけの効果があると信じて、一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です