カウンセリングを受けたいと思っているあなたへのメッセージ3つ

カウンセリングルームの作り方

SHARE

カウンセリングを受けたいと思っているあなたへのメッセージ3つ

このページを読んでくださっているあなたは、カウンセリングを受けたいと思って訪れてくれたことと思います。カウンセリングを受けたいと思っているのであれば、今は少し心が風邪をひいている状態です。是非、受けることをオススメします。

どこで受ければいいか?

病院やクリニックなどが多いです。精神科、心療内科、内科が多いです。カウンセリングだけしたい、医師の診察不要の時は、どこの病院やクリニックで対応しているかインターネットで検索してみましょう。医師にかかると薬も処方されることが多いです。どうしても体調が悪いようでしたら、医師にかかることをオススメします。また、地域の保健センターでも精神科医が定期的に行っています。

いくらかかるのか?

これは、病状やカウンセリングの時間によって変動します。病院であれば保険適応ですが、クリニックによる自由診療の場合は高額になることもあります。事前に行こうと思っている病院やクリニックのホームページをチェックしたり、電話をしたりして聞いてみましょう。

カウンセリングを受けたい でも、お金がない…

そのようなときは、自治体の保健所へ問い合わせてください。予約をして精神科医がメインだとは思いますが、カウンセラーによるカウンセリングを受けることができます。精神保健福祉センターという所もあります。最寄りの公共の施設を調べてみましょう。また、電話でのカウンセリングは、通話料のみで無料というところもあります。インターネットで調べてみてはいかがでしょうか。
東京都になりますが、初回カウンセリング無料のものもありますね。最近は、カウンセラーによるカウンセリングカフェなども出来てきています。そのような所は、他のカウンセリング施設よりも低価格で利用できるようです。気になった施設を検索してみましょう。

臨床心理士がオススメです

臨床心理士になるには指定大学院や専門職大学院で勉強し、カウンセリングの勉強を専門的に行って、公益財団法人の日本臨床心理士資格認定協会のテストに合格した人が臨床心理士です。中には医者で臨床心理士の人もいます。精神科や心療内科の先生はカウンセリングの勉強や訓練がなくてもなれるので、病院でカウンセリングを受けるのであれば、医者が臨床心理士の免許をもっているかは気にした方がいいですね。
また、臨床心理士を育成する大学では、教育の一環として、カウンセリングをするので、低価格で行っているところもあります。お近くの大学で行っているのであれば、利用してみてはいかがでしょうか。

プロのカウンセラーでなくても

信頼できる友達や親戚はいませんか?経験豊富な年長者の方が、色々な修羅場を乗り越えてきたので、あなたの気持ちをわかってくれることでしょう。プロのカウンセラーでなくても、話を聞いて欲しい、あなたの気持ちが分かるよという人を見つけてお茶をするのもいいかもしれません。なかなか自分の気持ちを言える人が見当たらない場合は、自分の気持ちを無料の電話カウンセリングで話してみるのがいいと思います。とにかく、自分の中のモヤモヤをため込まずに、口に出すことが、こころにとっても体にとっても良い事です。