カウンセラー.xyz

初心者にもおすすめ!図解で分かりやすいカウンセリングに関する書籍3選

カウンセリングの人気Posted 2017.04.08
    図解で分かるカウンセリングに関する本

    カウンセリングについて、図解入りで学ぶことができる書籍についてです。

    図解雑学よくわかる心理カウンセリング

    福島 哲夫 監修
    ナツメ社 (2010/4) / 単行本 232ページ
    臨床心理士の監修による、図解で心理カウンセリングを解説した本です。
    カウンセラーがカウンセリングを実施する場合だけでなく、学校、病院、会社などの多くの場所でその知識に関する需要が高まっている心理カウンセリングについて解説しています。
    豊富なイラストや図版を用いて図解で解説されているので、カウンセリングに関する基本的な概念について、その分野に関する予備知識がなくてもわかりやすく理解することができます。
    内容としては、社会の中の心の問題の位置づけ、カウンセリングのための心理学の概説、心を癒すさまざまな療法の紹介、カウンセリングの進め方、などがあります。

    クライエントの気付き・納得感が上がる 心理カウンセラーのための図解の技術

    池上裕司 著
    秀和システム (2016/11/) / 単行本 221ページ
    自分で本を読むときだけでなく、実際にカウンセリングをする場面においても、図解を活用しようというコンセプトの書籍です。
    元ITコンサルタントの経歴を有する心理カウンセラーの著者が、実際にクライアントとのカウンセリングの中で活用した図について紹介する内容です。
    カウンセリングの現場では、クライエントとの円滑なコミュニケーションが重要な要素になりますが、その場合の円滑とは、わかりやすいことや誤解がないことです。
    図解を効果的に使用することで、抽象的になりがちな事柄や難しい概念などについて、相互にわかりやすく理解することができます。
    図によってクライエントが自分の考えや感情について視覚的に整理できるようになるだけでなく、カウンセラーも正確な分析をしやすくなります。
    カウンセラーとして専門的に活動する場合には、カウンセリングの手法に図解を導入することで、他のカウンセラーとの差別化を図ることもできます。
    カウンセリングだけでなく、コンサルタントやプレゼンテーションなどにも応用することができる内容になっています。

    図解 自分の気持ちをきちんと伝える技術 人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ

    平木 典子 著
    PHP研究所 (2007/05) / 単行本 127ページ
    コミュニケーションに関する分野でカウンセラーとして活躍する著者による本です。
    良好な人間関係や気持ちのよいコミュニケーションは誰もが望むものですが、自己表現のための技術や背景や人によって異なるため、相互理解は簡単にはいきません。
    自分の気持ちを正確に率直に伝えられるようになることで、人間関係を円滑にしたり、健やかな生活をするための助けにすることができます。
    この本では、互いに違いを認め、率直なコミュニケーションをとるための手法であるアサーションというスキルについて図解入りで解説されています。
    気持ちをきちんと伝えるための要素を、きちんと聴くことときちんと話すことのバランスであると捉え、さわやかな自己表現を目指すものです。
    アサーションだけでなく、歪んだ信念を修正する論理療法やアダルトチルドレンなど、カウンセリングに関する事柄についても言及されています。

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP