カウンセラー.xyz

カウンセリング研修が受けられる学舎ブレイブとはどんなところ?

カウンセリングの人気Posted 2017.03.07
    カウンセリング研修が受けられるブレイブ

    カウンセリング研修センター学舎ブレイブは、NPO法人元気プログラム作成委員会が運営するカウンセリングセンターです。
    ブレイブは、クライアントに対するカウンセリングのほか、カウンセラーや教員の研修、子育て教室、就労支援などの活動を行っています。

    NPO法人元気プログラム作成委員会とは

    ブレイブの運営団体であるNPO法人元気プログラム作成委員会は、課題がある子供との関り方、学級経営の方法などの指導方法や情報の提供を行っています。
    そのほか、教員やカウンセラーなどを対象とした各種研修会や、被災した児童の心のケアを目的としたキャンプの実施などの活動を行っています。
    委員会に入会することで、特別料金でのカウンセリング、子供の指導に関する継続的なメール相談サービス、ロールプレイ研修の会員価格での受講などの各種特典が用意されています。

    ブレイブの活動内容

    ブレイブでは在籍する臨床心理士などによるカウンセリングのサービスを実施しています。カウンセリングの予約は当日以外はホームページのスケジュールからも可能です。
    ブレイブではカウンセリングの他、不登校やいじめ、学級運営の方法など、児童の学習に関する問題についての指導と助言も実施しています。
    これはホームページ上で展開されるサービスで、不登校やいじめなどのキーワードをもとにブレイブのホームページを検索し、必要な情報を閲覧します。
    必要な情報が見つからない時は、相談フォームから問い合わせます。非会員の場合は途中で規制がかかりますが、正会員になると何度でも閲覧と問い合わせが可能です。
    そのほか、カウンセリングスキルの向上、教育相談などの各種カテゴリーについての研修会や事前検討会も実施しています。

    EMDRとは

    ブレイブではEMDRという治療法を実施しています。EMDRはカウンセリングの技法の一種で、PTSDやトラウマの治療に効果を発揮します。
    EMDRはアメリカの心理学者であるフランシーン・シャピロが1980年代に確立した治療法です。
    当時アメリカでは、ベトナム戦争から帰還した退役軍人の PTSDやトラウマに悩まされていました。
    EMDRの実施によって、こうした退役軍人の抱えるアルコール依存や薬物依存などの問題が改善されていきました。
    EMDRの方法として、クライエントは自分のトラウマに関するエピソードを思い浮かべながら、EMDRの実施者が左右に振る腕の指先を見続けます。
    指先にあわせて目が左右に動く運動の間、クライアントは自分が抱えるトラウマの記憶を思い出して行きます。
    EMDRの間に、トラウマに関する記憶は徐々に変化していき、それに伴ってトラウマに関する感情や認知も変化していきます。
    このEMDRを繰り返して実施することで、クライアントはPTSDやトラウマを克服していきます。

    アクセス

    カウンセリング研修センター 学舎 ブレイブ
    住所:東京都小金井市本町2-20-18-102
    診療内容:カウンセリング、子育て教室、就学支援、就労支援、教員研修、カウンセリング研修
    診察時間:月曜日~土曜日 10時~21時
    休診日:日曜日
    TEL:042-207-6885
    FAX:042-207-6885

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP