コミュニケーションの達人の3つの特徴

ストレスのセルフチェックができるサイト

SHARE

コミュニケーションの達人の3つの特徴

効果的なコミュニケーションをとるためのスキルとは、

ゴール・意図の明確化

他人と話をしていく上で、何らかの結果を得るための手段としてコミュニケーションをとっていると思います。コミュケーションの意味とは、相手から受ける反応にあります。

・私は何を望んでいるのか? ⇒ 彼らは何を望んでいるのか?

・私の意図していることは何だろうか? ⇒ 彼らが意図していることは何だろうか?

・私は何を優先したいだろうか? ⇒ 彼らは何をしたいのだろうか?

そんなふうに頭の中であらかじめ考えて話している方はいらっしゃらないとおもいます。しかし、「コミュケーション」という語は多種多様な用いられ方をしています。辞典類では、人間の間で行われる知覚・感覚・思考の伝達などと言った簡素な定義が掲載されているものです。ただし、情報の伝達だけで起きれば十分に成立したと言えるでしょうか。中には「意思の疎通」が行われたり、「心や気持ちの通い合い」が行われたり「互いに理解しあう」ことが起きて、初めてコミュケーションが成立するといった説明を補っているものもあります。心理学的に解釈をすると、コミュニケーションを発信と応答という観点から見た場合、ある個体のアクション(発信)に応じて別の個体にリアクション(応答)が生じた場合、両者の間にコミュニケーションが成立していることになります。コミュニケーションの成立は、そのための適切な発信行動がとられたというだけでなく、受け手が適切なシグナル・媒体に注意を向け情報を発信したうえで、さらに的確な理解をしているかどうか、という点にもかかっています。

他の人から引き出された反応を観察できる

犬や猫もそれなりにコミュニケーションをしています。しかし人間のように細やかな関係をつくることはできなでしょう。人間はコミュニケーションをうまくとるスキルを得ることで、親密な関係をつくることが可能です。それは、一つには人間が「ことば」を使えるからであり、お互いに「わかる」ことができ、共感(Empathy)することができるからです。アメリカの作家デール・カーネギーの大ベストセラーの「人を動かす(こうすれば必ず人は動く)」のなかで

人は誰でも、他人より何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。

相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなくあるいは心から認めてやることである。

他人に興味を持つことによって自分自身を忘れよう。毎日誰かの喜びの微笑みが浮かぶよう善行を心がけよう。

嘘でない心からの賞賛を与えよう。心から賛成し、惜しみなく賛辞を与えよう。相手はそれを心の奥深くしまい込んで終生忘れないだろう。与えた本人が忘れても、受けた相手はいつまでも忘れないで、いつくしむだろう。

笑顔は1ドルの元手もいらないが100万ドルの価値を生み出す。深い思いやりから出る感謝の言葉を振りまきながら日々を過ごす。これが友を作り、人を動かす妙諦である。

これこそ自分の発した言葉の反応で人の行動は変わるということですよね。

行動の柔軟性

コミュニケーションを行う時には、肯定的な立場でなくてはいけません。相手の言葉に反応しなければコミュニケーションは成立しません。人間それぞれ個性があるように、コミュニケーションのスタイルも違うでしょう。相手のスタイルに適応することで、相手はあなたに共感し、深い関係を築くでしょう。もし反応がなければ何か違うスタイルを選択してみましょう。どんなときでも、どんな人とでもコミュニケーションがとれるようになれば、気持ちも柔らかく優しい自分を発見できます。失敗はありません。フィードバックあるのみです!