ツイッターなどでよく聞く「メンヘラ」ってどんなひと?

カウンセリングで音楽療法に使える曲

SHARE

ツイッターなどでよく聞く「メンヘラ」ってどんなひと?

2010年ごろから2チャンネルを中心に広がり始めた造語「メンヘラ」。ニコニコ動画たTwitterなどででもされるこの「ネット語」

メンヘラの誕生

皆さんは「メンヘラ」という言葉をご存じですか?何らかの精神疾患を抱えている人は、インターネットの俗語でひとまとめにメンヘラとよばれています。メンヘラは特定の精神疾患を指しているわけでなく、ニュアンスの曖昧な言葉です。一応、境界性パーソナリティー障害がそれに近いという方もいますが、ネットの内外でもこの言葉が使われている様を見tr見ると、衝動のコントロールがあまりうまくない人、風変わりな人、うつ病や不安障害で精神科や心療内科医に通院して人などが、まとめて「めんへら」と呼ばれているようです。また、相手との意見の食い違いや、人の意見を中傷するために「あの子はメンヘラだからね」とい人がいる反面「ちょっと気になるメンヘラだ」といった表現をする人もいて、否定的な言葉とは言い切れない側面もあります。実際、精神科の意思や福祉関係者、障害者の中には「メンヘラ」という「俗語」をこころよく思っていないことも現実です。「メンヘラ」という病名はありません。フンワリとした俗語が世間に定着していることはあまり好ましいことではないですね。

メンヘルという俗語

メンヘルという俗語は、2チャンネルのメンタルヘルス版という場所で、当事者同士が意見交換するなかで用いられたメンタルヘルスを略して「メンヘル」という」です。メンタルと、その派生語のメンヘラは、メンタルヘルスの問題に悩む当事者 が、類似した人と自分を呼び合うための言葉として生まれた点が、それまでの差別用語とは、決定的に異なっています。つまり「メンヘラ」は当事者性を持って使われたもので、誰かの事を否定したり差別したりために生まれてきたものではなかった、ということです。メンヘルやメンヘラは、特定の疾患で指す言葉ではなかったため、病気に限らず、メンタルヘルスの容器を抱えているもの同志がつながるキーワードになりました。うつ、不眠、自殺企図、精神病薬、kまってちゃんのワードが多いほど、メンヘラという言葉が現れてきます。またその方の多くは「自分がそうであることを意識して自嘲するときにも使われます。またまた「メンヘラ」と呼ばれる人たちは、他人との接触を拒み、家族でさえ距離感を置いてしまいます。

「メンヘラ」という言葉は人権侵害にも値する

メンヘラと自分が自覚していても、他人はわかりません。普通の病院を受診してお薬手帳等を見せる機会も多いと思いますが、若い20代~30代の方が精神科を受診したくさんのお薬が処方されています。医師が診断して「メンヘラ」と書く医者はいません。他の何かの要因がキッかけで、不安神経症や、パニック障害、病名がはっきりつけられないときに「統合失調症」この病名大嫌いです。「自律神経失調症」ならまだしも、統合って全部?心身共に?と私は思いました。メンヘラは自分が使う用語と決めてくれたらいいのですが、顔つきや行動に奇行があったりすると、すぐ「あの子はメンヘラだから」という人がいます。「メンヘラ」だから「何なの?」と言いたいです。その方があなたに迷惑な行為をしたでしょうか?新しい言葉を聞くとその意味を知るために、ネットで検索するでしょう。あまり良いことは書いてありません。むしろ中には「こういう使い方をする」なんて記事もあります。この人はメンヘラだと名称化するのは言った人が、そう思ってるだけで、このメンヘラという言葉を知らないひとに、「メンヘラっていうのは...こいう人なんだ」と自慢げに話していると思うと、情けないです。もし今後自分が危機的状況に面した時、慌てるでしょう。焦るでしょう。何とかしなければと、不安になるでしょう。それと同じです。

人間はいろんな面を持って病気と闘いながら生活しようと頑張っていること忘れないでほしいです。