ニコチン依存症の仕組みを知って「禁煙を!」

DV加害者に対するカウンセリング

SHARE

ニコチン依存症の仕組みを知って「禁煙を!」

初めての禁煙で起こる変化

たばこを吸うと数秒でニコチンが脳に供給されます。吸引は「一気に」ニコチンを体に摂取することが可能です、ニコチンを「一気に」「間欠的に」摂取するのが最も依存を形成しやすく、喫煙は依存になりやすい行為です。はじめてたばこを吸ったときから「うまい!」と感じる人はいません。「気持ち悪い」感覚がほとんどでしょう。これは体の自然な反応です。薬物で受け取るニコチンを受け取る受容体、神経が脳にないからです。しかし、「我慢」して吸っていると、だんだんたばこを「うまく」感じるようになります。続けてたばこを吸っていると脳にニコチン受容体が増えていきます。ニコチン受容体はニコチンを受け取り、脳内に快楽物質であるドパミンを供給します。ドパミンの供給は強力であり、ニコチンを摂取した時に必ずドパミンが供給されます。そのt期は「気もち良い」「ストレスがとれた」感覚を覚えます。喫煙者がたばこを吸って「おいしい」という理由です。「おいしく感じるようになった人は、さらにニコチンを摂取します。(常用化)ここまでくると、ニコチン摂取⇒ドパミン供給⇒ニコチン摂取・・・のサイクルが完成していきます。ところで、非喫煙者の脳にはドパミンはないのでしょうか。実はたくさんあります。非喫煙者の脳にドパミンが供給されるのhは、何かを達成した時に、たとえば美味しい食事をしたときなどです。日常の生活の中でドパミンが適量供給され「満足」が得られています。しかし、喫煙者の場合、普段からドパミ供給をニコチンという薬物に協力に頼っているため、生活の中、食事によってはドパミンの供給がなされません。食後に何か足りないのは、ドパミンが足りないから、食後に喫煙をし、ドパミンを脳に供給しないと「満足」が得られなくなるのです。

ニコチン依存の強化

ドパミン供給により、たばこを吸うとうまく感じるようになった脳はますます、たばこを要求します。それによりニコチンのドパミンの供給は安定となり、ニコチン依存が強化されます。喫煙は毎日、ほぼ同じ時間、同じ状況(例えば、朝おきてから、食後、仕事の合間など)で行われるようになってきます。喫煙状態は「毎日、ほぼ同じ」です。たとえ三日坊主のかたでも、喫煙は毎日続きます。ストレスのない休日も同じです。台風や大雨、どんな状況においても同じです。喫煙が「嗜好」と呼ばれるコーヒーや紅茶、趣味、と全く異なるものがおわかりでしょうか。喫煙は人が主体である「嗜好」ではなくいわば、ニコチンが主体の「嗜癖」という行為といえます。

受動喫煙とは

最近、皆さんよく耳にされるおもいます。受動喫煙とは、時ブウではたばこを吸わなくても、他人のたばこの煙を吸わされています。換気扇下の喫煙やベランダ喫煙では受動喫煙の防止にはなりません。ちなみに家族にベランダ喫煙者がいる子供の尿中の発癌性物質は2培と言われたいます。近年この受動喫煙で隣の住人が肺がんを発症し、訴訟に発展し、喫煙者への罰金命令が下っているケースもあります。同じ部屋で家族がたばこを吸うと子供もたばこを吸っている状況と同じ。お子様が日ごろ吸い込んでいるたばこ煙には4700種類もの化学物質が含まれています。

わたしから、親御さまほのお願いです。喫煙を実行して頂き、子供に好ましい「家庭環境」「健康」というプレゼントをしていただけませんか?