Strict Standards: Non-static method IPShortcode::setup() should not be called statically in /home/users/ahyalhi5/public_html/wp-content/plugins/wp-smart-shortcode/wp-smart-shortcode.php on line 178 Strict Standards: Declaration of description_walker::start_el() should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/users/ahyalhi5/public_html/wp-content/themes/bizfit/functions.php on line 264 ギャンブル依存症の原因とカウンセリングの流れ | カウンセラー.xyzStrict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method IPShortcode::libScript() should not be called statically in /home/users/ahyalhi5/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298 Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method IPShortcode::printStyle() should not be called statically in /home/users/ahyalhi5/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

カウンセラー.xyz

ギャンブル依存症の原因とカウンセリングの流れ

カウンセリングの人気Posted 2017.03.06
    ギャンブル依存症のカウンセリング

    パチンコ依存症とは、パチンコにのめり込んでやめられない症状のことです。
    単にパチンコが大好きでつい熱中してしまうという状態ではなく、のめり込むことで社会的や経済的に不都合が生じているにも関わらず、それをやめられない状態を指します。

    病的賭博とは

    パチンコ依存症をはじめとする、競馬や競艇などのギャンブルをやめられない病気のことを病的賭博といいます。病的賭博はギャンブル依存症ともいいます。
    賭博にのめり込んでやめられないことは、一般には単に意思が弱いだけだと捉えられがちですが、社会的な不都合を自覚しているにも関わらずやめられないギャンブル依存は病気といえます。
    病的賭博とは、持続的にくり返される賭博行為によって、社会や家庭生活において破綻をきたしている状態であると定義できます。

    病的賭博の症状

    パチンコ依存症などの病的賭博の症状としては、まずは賭博をしたいという強い衝動や欲求が生じます。
    例えば、パチンコをしている自分の姿が頭の中にずっとイメージされ続けたり、パチンコの店のアナウンスの声や、パチンコの機械の効果音などが繰り返し聞こえてきます
    その症状は実際にパチンコをするまで頭から離れず、パチンコをできない状態が続くことで強い欲求不満を抱くようになります。
    その欲求不満はパチンコをすることで一時的に解消しますが、パチンコを止めて日常生活に戻れば、再び欲求が生じます。

    病的賭博の弊害

    パチンコをはじめとする賭博行為は、必ず自分が勝てるわけではありません。負ければそれはそのまま金銭的な負担となります。
    その事がストレスとなって、そのストレスから逃れるために、パチンコに対する強い欲求が更に強化されて生じることになります。
    それはやがて、どうしてもパチンコをしたいという強化された欲求を抱きながら、金銭的な理由で十分にパチンコをすることが出来ない、というジレンマにつながります。
    そのジレンマを解決するために、無理な借金を重ねて経済的にどうにもならない状況に陥ったり、窃盗や詐欺などの犯罪行為に結びつくことも少なくありません。

    病的賭博のカウンセリングの特徴

    パチンコ依存症などの病的賭博においては、カウンセリングの継続が難しいという特徴があります。
    病的賭博などの依存症は、別名否認の病とよばれることもあります。賭博に依存している本人は、自分が依存症であることを中々認められない場合があります。
    そのため、本人は治すつもりはなく、そもそも病であると自覚しないまま、困り果てた家族などに渋々カウンセリングに連れて来られる場合があります。
    病的賭博に限らず、カウンセリングは継続することが非常に重要ですが、パチンコ依存症などの場合はそもそも依存症である事を認めきれていないケースが多いため、継続が難しくなります。
    一度家族に連れられてカウンセリングを受けても、その効果を否定したりカウンセラーとの相性などを理由にして、二回目以降のカウンセリングに来なくなる場合も少なくありません。
    病的賭博は、パチンコなどの賭博を封印し、それによる禁断症状といかに戦って克服するかという、長く厳しい戦いの期間といえます。
    そこでは、途中で挫折することなく最後まで戦いを見守ってくれる専門的なサポーターである、カウンセラーのとのカウンセリングの継続が非常に重要になってきます。

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP
    Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method IPShortcode::printScript() should not be called statically in /home/users/ahyalhi5/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298