上司にお酒に誘われたときの上手い断り方!

人間関係の悩みのカウンセリング

SHARE

上司にお酒に誘われたときの上手い断り方!

お酒と女子の関係って?

気の置けない友人たちとの女子会、上司やお役様との”断りづらい”飲み会など、働く女性にとってはとても身近なもの。仕事帰りの一杯がたまらないというあなた、楽しくてついつい飲みすぎてしまうこともありますよね。でも実は女性特有の飲酒リスクがあるって知ってましたか?おいしくお酒を飲めるよう女子とお酒の「ちょうどいい関係」を教えます。働く女子269人へのアンケートでは、26.7%の人が週に1回以上お酒を飲むという結果がでています。1割未満ですが「ほぼ毎日飲む」とういうツワモノも!逆に20%は「全く飲まない」派。役半数は2.3週間に1回~月1回以下程度でお酒を楽しんでいるようですね。また飲みすぎて失敗した経験がある?とのアンケート結果では、なんと3人に1人以上の働く女子が、飲みすぎて失敗した経験を持っていました。自分が気持ち悪くのは、自業自得だけど、記憶をなくしたり、余計なことを喋ってしまったり…。あとから笑えるエピソードならいいのですが。いつものように出勤。友達がおでこに傷?「どうしたの?」「昨日、調子こいてワイン2本飲んだら記憶なくて、朝起きてびっくり!どこかに顔をぶつけたんでしょうねで。」と苦笑いしてました。また、酔うといろんなその人の今まで知らなかった面が見えてきますよね。会社でとても、おとなしいまじめな子がお酒の席になると、おおはしゃぎ!「あれ?こんな子だったの」みたいな。また私の友人は「ひとりカラオケ」によく行くそうです。二次会でカラオケ。これはこの子の歌を聞いてみたいと思い、「ねえ、なんか歌おうよ」と声をかけると「あたし、そんな上手じゃないんで」と最初は遠慮がち。でもその子の歌を聞いたら、うますぎてみんな大拍手。楽しい場を作るときにはお酒も出てきますから、飲めないけど~と思ってる女子も多いと思います。

上司とお酒に上手につきあうには

現代社会、女性の社会進出に伴って女性がお酒を日常的に楽しむ機会も増えてきました。新人歓迎会、お花見、忘年会、新年会、送別会。会社での行事としての飲み会以外にも、「上司に誘われたら、行かないわけないよね」と少し考えてしまうことも多いですよね。上司の誘いを断ったら翌日アウェイ感を感じたなんて方もいませんか?職場であるがゆえ、人間関係を重視しなければいけないことは大切ですが、仕事が終わるとプライベートな時間ですから、自由にしたいのに、と思っている方も多いと思います。

飲めないお酒はちゃんと断ろう

皆さんは誘われたけど「行きたくない」ときどんなふうに断っていますか?中にはお酒が飲めない人が無理して飲んだりしていませんか?これはとても危険なことです。女性は男性よりも体脂肪が多く、その分体内の水分量が少ないため、同じ飲酒量でも血中アルコール濃度が高くなってしまうことがかんがえられています。またアルコール代謝能力も平均すると女性は男性の4分の3程度しかない為、「より少ない飲酒量」「より短い期間」で血中アルコール濃度が増加する傾向にあるのです。さらに、女性ホルモンにはアルコール分解を抑える働きがあると言われていますが、女性の安全な飲酒量は男性の半分か3分の2くらいとされています。ではお酒に誘われて上手に断るには?いろんな女子に聞いたところ「今、風邪薬を飲んでいるので、お酒はちょっと」とか、お酒の席、「お酒は飲めないけど、楽しんでいますよ。」と笑顔で答える。「明日プレゼンなんで」と言えば上司の立場からは、お酒をすすめないですよね。また事前に「お酒を飲むと気持ち悪くなるので」と前置きしておけば、具合が悪くなられたら困るからですね。

お酒を断られても、男性は気にしていない

友人に聞いたところ「一緒に飲んでいた女子に酔っぱわれると正直、面倒」笑ってしまいました。女子が思ってるほど男性は気にしてなさそうですね。「飲めなくても一緒に楽しい時間を過ごせたらOK。」「無理にのめせようとは思いませんし、節度を守っている人の方が好感が持てる」「むしろ無理に(お酒の席)つきあっている感がにじみでてる女子はひきます」という意見。なんだそんなふうに思ってたら気にしなくていいんだって、男の人の方がお酒に関してこんなふうに考えていると思うと安心しました。

コミュケーションが円滑になる効果も

たった一杯で楽しい気分になれたり、コミュケーションを円滑にしてくれたり。お酒を飲むこと自体悪いことでないです。グラスに口を付けて飲んでる時、相手は喋ることはできませんから、会話の間をとるには、ちょうどいいタイミングで話が弾むと思います。お酒は人間関係を形成していくうえで、もしかしたら必要なスパイスかもしれませんね。

でも、飲みすぎはいろんな病気を引き起こすことのリスクを理解したうえで、おいしく、楽しく、そして安全にお酒と上司うまく付き合いましょうね・