人生を成功に導くための秘訣「夢はできるだけ大きく持つ!」

カウンセリングのアセスメント方法

SHARE

人生を成功に導くための秘訣「夢はできるだけ大きく持つ!」

夢はできるだけ大きく持つ

ある小学生が書いた、「僕の夢」という作文があります。とても有名な作文です。それは「僕の夢は一流のプロ⚾選手になることです」という文章から始まります。そして、どこの球団に入りたいのか、契約金はいくらか、そのために一歩一歩どんなことをしていく必要があるか、自分はどんな力を持っているのか、何を大切にしたいかが、しっかりと事細やかに、展望と確信をもって書いてあります。(『心に響く小さな物語』に所収)。大人の私が見ても、実に説得力のある文章です。そして、彼はその後、球史に残る超一流のプロ野球選手に成長していきます。

望む人生を手に入れるには

望む人生を手に入れ、価値ある人生を送るために重要な要素として

・わくわくするできるだけ大きな未来の目標を描く

・自分が何に価値を置いているか(価値観)を知る

・夢へ向かうプロセスのなかで、マイルストーン(道しるべ)として、小さな目標を立てていく

できるだけ大きな夢を描き、自分の価値観に合った生き方をしながら、一つ一つ目標を達成していく。そうすれば、それまでの自分では信じられないほど大きな出来事を成し遂げられます。では一つ目の「わくわくする大きな目標」について考えてみましょう。

夢とは

夢とは、その人の願いや重いと、そのイメージです。そしてその描いた夢は実現を待っています。人類の進歩も夢から始まったいるようにも思えます。「空を自由に飛びたい」という人類の夢があったからこそ飛行機が生まれました。「宇宙を旅したい」という人類の夢があったからこそ、ロケットが開発されました。夢が大きければ実現する出来事も大きくなります。ですから、固定観念にとらわれ、夢を自分で制限することはしないで、できるだけ大きく描きたいものです。

人生を送る中で何の制約もなかったら

これまで、自分のやりたいことがあったのに…と後悔してるかたも多いと思います。

皆さんは、どんな夢を持っていますか?

どんな人生を送りたいですか?

どんな人間になりたいですか?

夢は自分のもの

夢は自分がもつもので、自分自身や周囲に悪影響がない限り(これはとても大切です)、誰にも遠慮する必要はないのです。私たちは自分が本当に望む、素晴らしい夢を描くことが出来るようになります。夢に向かって小さなことを一つ一つ実現していくことができるようになるのです。今の人生をはるかに超えた人生が待っていたら、今の予想をはるかに超える貢献を世の中に提供できたら、どんなに素晴らしいでしょう。

さて、冒頭の作文は、イチロー選手が6年生の時に書いた作文です。

彼は言うまでもなく、人々の予想をはるかに超えた偉業を成し遂げていることは、みなさんご存じですよね。外国で知られる有名な日本人の一人です。彼の夢は自分の描いた夢より、はるかに大きく私たちにも勇気をくれます。私の夢っていったい何なのか?時には考えてみるのもいいですね。

夢は実現可能です!