企業カウンセラーになるためには?就職と転職や将来性

企業カウンセラーの必要性と役割

SHARE

企業カウンセラーになるためには?就職と転職や将来性

企業カウンセラーとは、企業や事業所における労働安全衛生分野において、カウンセリングなどの業務に従事する者のことです。企業内カウンセラーともいいます。

企業カウンセラーの需要の背景

企業カウンセラーの需要の背景には、仕事を原因とするうつ病やストレスによる精神疾患が日本の労働環境において増加していることから、企業において労働者の健康を心身両面から維持する必要性が高まっていることがあります。
また、仕事に対する不安や悩みについて、職場の人間関係を原因とするものが増えていることから、職場の人間関係の調整や改善の必要性もあります。
仕事や労働環境を原因とする自殺の防止や、事業者に課せられる法的な義務として、労働者の安全配慮義務が存在しすることなども、企業カウンセラーの需要背景の一つです。

企業カウンセラーの位置づけ

厚生労働省が2006年に策定した、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、企業カウンセラーの職務内容の指針が示されました。
指針では、企業や事業場における心の健康づくりについて、担い手や関係性によって4種類のケアに分けています。
セルフケア、ラインケア、事業場内・産業保健スタッフによるケア、事業場外・専門家資源によるケアの4つです。
セルフケアは、労働者が自分自身のストレスに対処する行為のことです。ラインケアは、上司や管理職などの管理監督者が、部下のストレスや健康に配慮する行為です。
企業カウンセラーの業務としては、 事業場内・産業保健スタッフによるケアと事業場外・専門家資源によるケアが該当します。
事業場内・産業保健スタッフによるケアとは、内部のスタッフがストレス発散や心身の健康の維持のための企画を立案したり、職場の環境を整えたりすることで、 セルフケアやラインケアを促進することです。
事業場外・専門家資源によるケアとは、外部の専門家が、より専門的な心身の健康のための措置として、心理カウンセリングなどのサービスを提供するものです。
企業カウンセラーの業務に含まれるこの2つのケアは、企業の内部のスタッフと外部の専門家が連携しつつ、同時進行の形で行うことが有効です。

企業カウンセラーの業務

企業カウンセラーの業務の形態は様々です。
カウンセラーなどの心理職の専門家を内部スタッフとして常勤雇用したり、独立開業しているカウンセラーと契約を交わして必要に応じて招くなどの方法があります。
契約を結んだ企業の要請に応じて、心理職の専門家を派遣するアウトソーシングのサービスもあります。

企業カウンセラーになる方法

企業カウンセラーは特定の資格ではないため、企業カウンセラーになるための方法は様々です。
臨床心理士や精神科医など、心理の専門家としての資格や免許を取得して企業カウンセラーとして活躍する機会に備えたり、企業の総務部や人事部などで、人材についての業務の経験を積むなどの方法があります。
どのような方法であれ、基本的には関連分野の経験を積みながら、企業カウンセラーとしての雇用や契約の機会を待つという形が一般的です。
企業カウンセラーとして活躍するために役立つ知識や技術を効率よく身に着けるための民間資格の講座などもあります。

カウンセリングに関する研修が受けられる場所

カウンセリング研修センター学舎ブレイブは、NPO法人元気プログラム作成委員会が運営するカウンセリングセンターです。
ブレイブは、クライアントに対するカウンセリングのほか、カウンセラーや教員の研修、子育て教室、就労支援などの活動を行っています。

NPO法人元気プログラム作成委員会とは

ブレイブの運営団体であるNPO法人元気プログラム作成委員会は、課題がある子供との関り方、学級経営の方法などの指導方法や情報の提供を行っています。
そのほか、教員やカウンセラーなどを対象とした各種研修会や、被災した児童の心のケアを目的としたキャンプの実施などの活動を行っています。
委員会に入会することで、特別料金でのカウンセリング、子供の指導に関する継続的なメール相談サービス、ロールプレイ研修の会員価格での受講などの各種特典が用意されています。

ブレイブの活動内容

ブレイブでは在籍する臨床心理士などによるカウンセリングのサービスを実施しています。カウンセリングの予約は当日以外はホームページのスケジュールからも可能です。
ブレイブではカウンセリングの他、不登校やいじめ、学級運営の方法など、児童の学習に関する問題についての指導と助言も実施しています。
これはホームページ上で展開されるサービスで、不登校やいじめなどのキーワードをもとにブレイブのホームページを検索し、必要な情報を閲覧します。
必要な情報が見つからない時は、相談フォームから問い合わせます。非会員の場合は途中で規制がかかりますが、正会員になると何度でも閲覧と問い合わせが可能です。
そのほか、カウンセリングスキルの向上、教育相談などの各種カテゴリーについての研修会や事前検討会も実施しています。

EMDRとは

ブレイブではEMDRという治療法を実施しています。EMDRはカウンセリングの技法の一種で、PTSDやトラウマの治療に効果を発揮します。
EMDRはアメリカの心理学者であるフランシーン・シャピロが1980年代に確立した治療法です。
当時アメリカでは、ベトナム戦争から帰還した退役軍人の PTSDやトラウマに悩まされていました。
EMDRの実施によって、こうした退役軍人の抱えるアルコール依存や薬物依存などの問題が改善されていきました。
EMDRの方法として、クライエントは自分のトラウマに関するエピソードを思い浮かべながら、EMDRの実施者が左右に振る腕の指先を見続けます。
指先にあわせて目が左右に動く運動の間、クライアントは自分が抱えるトラウマの記憶を思い出して行きます。
EMDRの間に、トラウマに関する記憶は徐々に変化していき、それに伴ってトラウマに関する感情や認知も変化していきます。
このEMDRを繰り返して実施することで、クライアントはPTSDやトラウマを克服していきます。

アクセス

カウンセリング研修センター 学舎 ブレイブ
住所:東京都小金井市本町2-20-18-102
診療内容:カウンセリング、子育て教室、就学支援、就労支援、教員研修、カウンセリング研修
診察時間:月曜日~土曜日 10時~21時
休診日:日曜日
TEL:042-207-6885
FAX:042-207-6885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です