学校で働くスクールカウンセラーになる方法

SHARE

学校で働くスクールカウンセラーになる方法

カウンセラーの中には学校で働いているカウンセラーもいます。それがスクールカウンセラーです。仕事内容は、いじめや不登校などの問題にアセスメント(事前にクライアントの情報を得ること)、カウンセリングを中心に対処することです。本記事では、そんなスクールカウンセラーになる方法を分かりやすく説明していきます。
本記事は、
・心理カウンセラーに興味がある方
・心理カウンセラーを目指している方
に役立つ記事となっております。

スクールカウンセラーになるためにはどんな資格が必要?

スクールカウンセラーになるためには絶対とは言い切れませんが、基本的に臨床心理士の資格が必要です。また、臨床心理士の資格がなくてもこの他にスクールカウンセラーになるための資格はあります。そしてスクールカウンセラーに準ずる者として働く資格もあります。ただ、このスクールカウンセラーに準ずる者として働く場合、仕事内容はあまり変わらないものの、時給がスクールカウンセラーに比べて安いです。また、これらの資格を以下にまとめましたので、ぜひご覧ください。

スクールカウンセラー
〇臨床心理士
〇精神科医
〇児童生徒の心理的援助に関して高度な専門的技術や経験があり、大学の学長、副学長、学部長、教授、準教授、講師の職に就いている者、または過去にこれらの職に就いていた者
〇スクールカウンセリング推進協議会認定 ガイダンスカウンセラー

スクールカウンセラーに準ずる者
〇大学院修士課程に加え相談業務1年
〇大学卒業に加え、相談業務5年
〇医師に加え相談業務1年
〇学校心理士

スクールカウンセラーの雇用形態と給料

スクールカウンセラーは主に非常勤職員のため、時給制です。時給は、スクールカウンセラーかスクールカウンセラーに準ずる者で変わってきます。一番多く目にする時給を以下にまとめましたのでご覧ください。

スクールカウンセラー 時給 5000円
スクールカウンセラーに準ずる者 時給 3000円

このように、やはりスクールカウンセラーに比べてスクールカウンセラーに準ずる者として働く場合はどうしても時給が低くなってしまいます。なぜかというと、スクールカウンセラーをするために取得する資格は長い時間と費用がかかり、専門性も高いため、それに比例して時給も高くなってしまうのです。具体的にいうと、臨床心理士に関しては大学院まで行かないと資格が取れないので、最低でも6年の期間とかなりの費用がかかってしまうのです。そのため、やはり高くなってしまうのはやも得ないことなのです。

スクールカウンセラーの募集期間と任期

スクールカウンセラーは、いじめや不登校などの問題を背景に各都道府県や市区町村の教育委員会などが毎年募集しています。募集要項については各自治体により異なりますので、各自治体の公式ホームページをよくご覧ください。また、任期は1年間で、4月から3月までです。そのため、任期が終われば他の募集に応募しなければならないので、正社員のように安定した生活を送ることはできません。しかし、とてもきつい仕事で安定した職業とは言えないものの、やりがいがある仕事なのでそこがスクールカウンセラーの魅力です。