家族に関する悩みを聞いてくれるカウンセラーの探し方

カウンセリングと日記療法

SHARE

家族に関する悩みを聞いてくれるカウンセラーの探し方

親子関係や兄弟関係などの家族との関りの中で、自分がどのような影響を受けているか、ストレスチェックをすることができるサイトについてです。

家族の親密度ファミリーグラム家族と親子関係の心理テスト

家族の親密度についてストレスチェックをすることができるサイトです。
最初に、何人兄弟か、父親と母親のどちらと仲が良いか、両親の仲は良かったか、家族を色で表すとどんな色か、などに答えます。
質問は36問あり、家族のことで怒りを感じることが多い、家族のことを考えると何をするにしても面倒に感じる事がある、家族で一緒に活動する時はとても楽しい気分になる、などの質問があります。
選択肢は全く当てはまらない、当てはまらない、どちらともいえない、当てはまる、かなり当てはまるの5種類の中から選びます。
可能な限り、どちらともいえないを選択せずに、正直に直感的に答えることが推奨されています。
診断結果では、家族の親密度と家族による精神的ストレスの2つの項目について、数値の高さや結果についてのアドバイスを参照することができます。

家族の親密度と家族ストレスチェック

質問は全部で30問あり、家族についての質問20問と、自分自身についての質問10問に分かれます。
家族についての質問は、私の家族はお互いに共通した楽しみを持っている、家族から精神的にショックを受けることが多い、家族のことで怒りを感じることが多い、などの質問があります。
この項目には、全く当てはまらないからかなり当てはまるまで、5段階の中から選んで回答します。
自分自身についての質問は、他人に不満をもちもめごとを起こしやすいと思う、新しいことが好きで変わった考えをもつと思う、冷静で気分が安定していると思う、といった質問があります。
この項目は、全く違うと思うから強くそう思うまで、7段階の中から選んで答えます。
最後に、統計のために性別や年齢などの簡単な質問に答えてから、判定を行います。
診断結果では、家族の親密度と家族のストレスについて、合計点とその段階について数値化されます。
家族の親密度とは、家族がお互いに信頼しており、深い絆で結ばれているかを示すものです。
家族のストレスとは、家族関係や親子関係を理由とする精神的ストレスの程度を判定するものです。
それぞれの項目は、高いか低いかの段階によって異なるアドバイスが表示されます。

機能不全家族チェック

自分の家族環境が、機能不全家族かどうかのチェックをすることができるサイトです。
機能不全家族の中で成長した場合、大人になってもなんとなく生きづらい感じを抱く場合があります。
また、本人にとってはそれが当たり前の環境だったので、自分が育った環境が機能不全家族であることに気付いていない場合もあります。
質問は全部で21問あり、親の愚痴をよく聞かされた、他の家庭と自分の家庭を比べることが多い親だった、ほとんどの家事は子供がやっていた、などの質問の中から、該当するものにチェックします。
チェックを利用することで、機能不全について学んだり理解するきっかけになります。
診断結果では、機能不全家族の可能性の有無や、それによって自分が陥っている可能性がある行動パターンについて紹介されます。

どこかにいいカウンセラーがいないものかと思っても、簡単に探せるものではありません。どうやってカウンセリングを受けられる場所を探せばいいのかわからないという人も多いでしょう。自分にとって都合のいいカウンセリングの場所を探すには、主に3つの手段があります。どれもすぐにできることなので、試してないことがあった場合は、やってみてください。

学校や職場で紹介してもらう

まずは、自分が所属している学校や職場でカウンセラーを紹介してもらうという手段です。学校や職場には専属のカウンセラーがいることが多いです。そこでカウンセリングを受けられるようにしてもらうという手が一番簡単です。値段も無料の場合が多いため、お財布に優しいというメリットもあります。デメリットとしては、カウンセラーを変えるということが難しいため、相性が悪かったときにどうするか考える必要があるということです。また、自分が所属している場所のカウンセラーのため、遠慮してしまいがちということもあります。

カウンセラーの探し方としては、そのカウンセラーに話をしたうえで、外に通いやすいいいカウンセリングの場所がないかどうか聞いてみるという手もあります。

地域名でカウンセリングを検索する

これはやっている人も多いかもしれません。自分が住んでいる地域の名前とともに、カウンセラーだとかカウンセリングだとかで検索をかけるという手です。うまくいけば、近場のカウンセラーのホームページが引っかかります。信頼できそうか、値段はいくらか、カウンセリングルームの場所はどこなのか、どういうカウンセリングスタイルなのかということに注意しながら探すといいでしょう。ホームページを見ながら色々と比べてみることをおすすめします。また、有名なところなら、インターネットで検索をすれば評判が出てくる可能性もあります。参考程度に見るといいでしょう。

臨床心理士に出会うにはを活用する

日本臨床心理士会のホームページでは、臨床心理士に出会うにはというコンテンツがあります。そこで心の課題の内容、地域、年齢、臨床心理士の性別などの条件を指定して検索することが可能です。これらの条件を指定せずに、広く検索することも可能です。

検索をすると、様々な臨床心理士がいる場所がヒットします。値段や住所はもちろんのこと、得意な領域や援助技法まで知ることができます。カウンセリングを受けるにあたって気になることの情報がばっちり記載されているわけです。

臨床心理士は民間の資格ではありますが、指定の大学院を修了している必要があるなど、取得条件が厳しいです。そのため、信頼できる資格であると言えます。カウンセラーの求人では臨床心理士を条件としているものも多く、信頼度の高さがわかります。その臨床心理士を探すことができるということは、大きなメリットになると言えます。

自分が納得できる方法で探す

いいカウンセリング場所を探すには、学校などでカウンセリングを受ける、地域名で検索する、臨床心理士に出会うにはを活用するという3つの手段が主にあります。一番は自分が納得できる方法で探すことです。自分が納得する探し方で探さないと、カウンセリングのやる気も出ません。自分がいいと思った方法で、ぜひともいいカウンセラーを見つけてくださいね。