恋愛で悩む方へ!恋愛ストレスチェックポイント4つとその対策

SHARE

恋愛で悩む方へ!恋愛ストレスチェックポイント4つとその対策

せっかく恋人ができたのに恋愛でストレスをためているという人はいませんか。自分では平気なつもりでも、知らないうちにストレスがたまっているということもあります。そこで恋愛におけるストレスのチェックポイントを4つにわけ、まとめてみました。以下の4つのことが当てはまる人は、恋愛でストレスをためているかもしれません。

いつも恋人のことで悩んでいる

恋人と会っていないときでも恋人のことで頭がいっぱいで悩んでいるということはありませんか。好きな相手のことを考えてしまうことは自然ではあるのですが、いつも悩むようだと考えものです。悩みすぎて仕事や勉強が手につかないということになると、日常生活に支障が出てしまいます。

対策は?

恋人のことを考えないように自分の中でルール決めをしましょう。この時間は絶対に考えないことと自分に言い聞かせるのです。また、一人で考え込んでいるからこそ長時間悩んでしまうということもあります。信頼できる人に恋愛について相談するといいでしょう。

恋人のことで悲しい気持ちになる

恋人が原因で落ち込んだり、悲しい気持ちになったりすることが多いようだと、恋愛がストレスになっています。恋人に言われたことや喧嘩が原因で悲しい気持ちになり、その気持ちを引きずってしまうと、うつ病のようになってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

対策は?

まず、恋人に言われたことは妥当なのかどうか考えましょう。無理なことを言われていないか考えるのです。無理なことを言われていると思ったら、あまり気にしないようにしましょう。また、恋人で悲しい気持ちになるのは、恋人への期待が大きいからこそです。恋人も所詮は他人、一人の人間にすぎないんだと考えるようにすると、気持ちが軽くなります。前項目と同じように、誰かに相談することも有効です。

嫉妬してイライラする

恋人が他の異性と仲良くしていたら、嫉妬してしまう気持ちは共感できます。しかし、程度問題で、あまりにも嫉妬してイライラしてしまうことが多いようだと、ストレスがたまってしまいます。恋人関係にひびが入ることもあり、軽視できません。

対策は?

恋人が他の異性にとられる、他の異性と楽しい思いをしていると思わず、外で刺激を得ているのだと思うようにしましょう。外で刺激を得ることで恋人はさらに素晴らしい人間となって、自分のことを楽しませてくれるんだと思うといいでしょう。また、イライラしたときのことをノートにメモすることもおすすめです。恋人が誰とどういうことをして自分がイライラするのか自己分析するのです。その嫉妬が妥当なのかどうか考えるといいでしょう。

恋人に時間をとられすぎている

恋人とのやり取りに時間をとられすぎていて、やりたいことややるべきことができていない場合、恋愛がストレスになっています。恋人との関係が良好でも、やりたいことができないことがストレスとなっていくのです。

対策は?

恋人のわがままに振り回されていないか、自分が依存しすぎていないか考えましょう。二人でルール作りをして、優先するべきことはきちんとやるというように共通認識を作っておくことがおすすめです。一人の時間を大切にしてこそ、二人の時間が素晴らしいものになるということを忘れないようにしましょう。

恋愛のストレスも対策が必要

恋愛のストレスは、仕事や学校のストレスにくらべて、自分でどうにかするべきと思われがちです。自分でできることはやっていいのですが、つらいときは誰かに相談していいのです。相談含めて自分なりの対策をして、恋愛のストレスを解消しましょう。