カウンセラー.xyz

DVの原因と解決するためのカウンセリングの流れ

カウンセリングの人気Posted 2017.03.21
    DVカウンセリングと解決までの流れ

    DVとは、ドメスティック・バイオレンス(domestic violence)の略です。
    DVの明確な定義はありませんが、配偶者や恋人など、親密な関係にある者から振るわれる暴力という意味で用いられるのが一般的です。
    配偶者や恋人だけでなく、親子や兄弟、親戚関係などを含む場合もあります。DVの被害者は女性だけでなく、男性がDVの被害者になる場合もあります。
    DVの典型的な例は相手を殴ったり蹴ったりするなどの身体的暴力ですが、その他の行為もDVに含める場合があります。
    大声で怒鳴ったり脅すなどの精神的暴力もあります。相手の電話やメールを無断でチェックする行為も、精神的な暴力に含まれます。
    その他、避妊をしなかったり性交渉を強要するなどの性的暴力、生活費を渡さなかったり相手の仕事を制限するなどの経済的暴力を含める場合もあります。
    DVの被害を被害者が直接受けない場合もあります。妻に腹を立てた夫が、妻が大事に飼っているペットを傷つけたり、捨ててしまうなどの行為も該当します。

    DVの原因

    DVの定義が幅広いのと同様に、DVの原因も様々なものがあります。また、DVの原因は一つだけでなく、様々なものが複合的に絡み合っている場合も多くあります。
    原因の一つに、アルコールなどの物質依存があります。アルコールを摂取することで自制が効かなくなり、暴力や暴言、強要などの行為に至る場合があります。
    酒癖が悪く、酒を飲むと配偶者に絡んだり手を出したりするなどが典型的な例です。アルコールだけでなく、覚せい剤や麻薬などの薬物に依存している場合もあります。
    仕事や社会での人間関係によってストレスを溜め込み過ぎて、それを家庭内で不当に発散することがDVとなっている場合もあります。
    夫が仕事で罵倒されたり、妻がママ友に嫌がらせを受けている場合に、そのストレスを家庭内で発散しようとする場合などです。
    幼少期に受けた虐待を、自分が成長してから同じように行うようになる、いわゆる虐待の連鎖がDVとして発現している場合もあります。
    このようにDVの原因は様々なため、DVの原因の分析もカウンセリングにおける重要な要素の一つです。

    DVは犯罪である

    DVを改善するための方法の一つとして、DVは犯罪であるという認識をきちんと持つことが重要です。
    DVの加害者側の特徴として、自己の行為が犯罪に該当するということを認識していない場合が多くあります。
    DVによる身体的暴力は刑法の暴行罪に、怪我を負わせた場合は傷害罪に該当します。
    脅迫行為は脅迫罪に、権利を妨げて義務のないことを強制する行為は強要罪に該当します。
    閉じ込めたり監禁する行為は逮捕・監禁罪に、どこかに置き去りにする行為は遺棄罪に該当します。
    また、いわゆるDV防止法として、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律が制定されています。
    この法律では、身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものが、配偶者からの暴力と定義されます。
    DVのカウンセリングにおいても、DVは犯罪であることをまず明確にしておきます。
    犯罪性を明確にすることで、加害者は自分が悪いことをしているという認識を、被害者は自分が悪いことをされているという認識を強く持つようになり、解決の糸口の一つとなります。

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP