精神的にきつい時に気分が楽になる方法5つ

ノンバーバルコミュニケーションとは

SHARE

精神的にきつい時に気分が楽になる方法5つ

あなたは精神的にきつくなる時ありませんか。仕事や学校などで慌ただしい毎日を送っていると、精神的にきつくなってしまうことがあると思います。そこで本記事では、精神的にきつい時に気分が楽になる方法を5つご紹介します。本記事は、精神的にきつい方、少し疲れた方に役立つ記事となっています。

自分を責めない

精神的にきつい時ほど、自分を責めてしまいがちです。特に他人の視線を気にしがちな人にありがちなことなのではないでしょうか。このような人は、相手の些細な反応にまで敏感です。そのため、「不快な思いをさせてしまったかな?」、「嫌われてしまったかな?」と心配してしまい、気疲れしてしまいます。しかし、あなたの言動に対しての反応は人それぞれです。よく思われることもあれば、悪く思われることもあります。なぜなら、それは受け取る人の問題だからです。あなたの問題ではないのです。いくら相手の反応を心配しても、相手の反応を変えることはできません。ですから、相手の反応を気にするよりも、自分がよいと思ったことを堂々としていきましょう。そんなあなたを嫌う人もいますが、好きといってくれる人もどこかには存在しています。また、ありのままの自分を少しずつでも大事にできると、気分が楽になっていきます。

誰かに相談する

精神的にきつい時、どうしても自分ひとりでそれを抱えがちです。しかし、精神的にきつい時こそ誰かに相談してみませんか。現実が良くなるわけではないですが、誰かに相談することで気分が楽になることがあります。でも、相談できる人がいないという人もいるのではないでしょうか。そんな時は、心の専門家の援助をえるのがおすすめです。お金はかかりますが、守秘義務があるため外部に相談した内容が漏れる心配がありません。また、否定もしないので安心して相談ができます。

思う存分泣く

精神的にきつい時は思う存分泣くことがおすすめです。泣くことですっきりした感覚が味わえるからです。ではなぜこのような感覚を味わえるのでしょうか。それは涙を流すことで一緒にストレスホルモンが排出されるからなのです。大人になると、様々な場面で我慢しがちです。ですから、子供のように我慢せずに思う存分泣きましょう。そうすることで、日々一生懸命頑
張っている自分を大事にしてあげるのです。

瞑想をする

瞑想とは、呼吸を整えながら無の状態にすることです。そうすることで、脳を休めて心身を落ち着かせる働きがあります。また、瞑想は5分という短時間でもできるので、ちょっとした休憩時間にすることができます。一日5分だけでも構いません。
方法は簡単です。
1.椅子に座り、全身の力を抜きます。
2.目を閉じて深く呼吸します。
3.それと同時に自分の呼吸に意識を向けます。

しっかり寝る

精神的にきつい時は、体をしっかりと休めることが大事です。睡眠が浅かったり、短かったりするとますます精神的にきつくなるからです。その結果、ものごとを悪い方向にしか考えられなくなります。ですから、精神的にきつい時には、睡眠をたっぷりととって自分の体も大事にしてあげましょう。自分の体を大事にしてあげられるのはあなただけだからです。