精神的に疲れた時におすすめのリラックス方法3つ

境界性パーソナリティー障害のカウンセリング

SHARE

精神的に疲れた時におすすめのリラックス方法3つ

私達人間は生きていると精神的に疲れてしまうことが必ずあります。あなたは、朝起きるのがしんどい、体に疲れがたまっている、気づかないうちに疲労が溜まっている、休んでも疲れがとれた感覚がないということはありませんか。もしかしたらそれは精神的な疲れの表れなのかもしれません。そこで本記事では、精神的に疲れた時におすすめのリラックス方法3つを紹介していきます。精神的に疲れている人に役立つ記事となっていますので、ぜひお読みください。

運動する

精神的に疲れた時、運動することが一番効果的です。でも、運動が苦手という方もいらっしゃいますよね。その場合は近所を少し散歩するということでもいいのです。そして運動する際のポイントは、一定のリズムで繰り返して運動することです。このように運動することにより、精神を安定させる働きがあるセロトニンが分泌されるからです。大事なことは継続することな
ので、運動が苦手な人は毎日少しずつでも構いません。運動をすることでストレス解消と、精神の安定の2つが手に入るので、ぜひやってみてください。

自分の好きなことを心から楽しむ

あなたは自分の好きなことがありますか。自分の心が少しでもワクワクすればどんなことでも構わないのです。たとえばワクワクすることには、映画をみる、読書をする、散歩をする、おいしいものを食べる、料理をするなどがあります。
人それぞれ好きなことは違いますので、あなたに合った好きなことを見つけて楽しむことが大事です。好きなことは疲れた時に心の癒しになります。もし、好きなことがないのであれば、何気ない小さなことでもいいので好きなことを見つけて楽しむことをおすすめします。

よく食べてよく寝る

精神的に疲れている時、あまり食べていなかったりあまり睡眠をとっていないことがあります。しかし、そんな時にこそ、よく食べてよく寝ることが大事です。まず、睡眠面から書いていきます。科学的に証明されている適切な睡眠時間は7~8時間となっています。ですが、こんなに睡眠時間をとれないという方もいると思います。その場合は、昼休憩を活して軽い睡眠を
とることをおすすめします。5分だけでもスッキリするので、気持ちに余裕を持って仕事や勉強をすることができます。また、昼寝する際の注意点としては横にならないことです。一度横になってしまうと起き上がるのがしんどくなってしまうためです。ですから、昼寝する際には机などに顔を伏せて寝ることをおすすめします。そして昼寝の時間はタイマーで測ると、うっかり寝すぎたということにならないのでおすすめです。次に食事面です。食事はただ自分の好きなものだけを食べるのではいけません。食事をとる際は、栄養バランスを気にする必要があります。安くて簡単だからといって ジャンクフードばかり食べていたら疲労が溜まり、体にも精神的にも悪い影響がでます。ですので、食事をとる際は、タンパク質、脂質、炭水化物
、ビタミン、ミネラルを積極的に摂りましょう。また、疲れている時は、ビタミンB1やビタミンCが不足しています。ですから、疲れている時はこれらを積極的に摂りましょう。疲れている時こそ健康的な食事が大事です。