苦手な人に対する感情の動かし方で「楽になる!」方法

カウンセラーやメンタリストなど心理分析の映画

SHARE

苦手な人に対する感情の動かし方で「楽になる!」方法

世の中には、いつも皮肉を言わなければ気が済まないという人も多いとおもいます。そういう人が仕事場にいるとたまったものではありませんよね。でもいちいちその人の発言に困惑し「いったい自分はどうすればいいんだろう」と思っている方もいらしゃると思います。

苦手な人に対しては「パターン」として認識する

苦手な人との会話の中には、自分の考えと衝突する場面が多いとおもいます。でも、いちいちその人の発言に自分の感情が動かされている、その自体が嫌いな人と名称化されて、その人との「接点を持たずにいたら良い「んだ」と思うようになります。すぐにその人の性格を判断するのはできません。でも話をしていると「この人はこういう話し方をするんだ」「今日はどんな嫌味を言ってくるのか」と構えておくと、客観的にその人の言動を解析するようになります。同じようなことでで、以前同じような注意を受けたことはありませんか?苦手な人は「あなた」を意識しています。あなたを注意することが同じ言動であれば、「この人はこんなことしか、言えない人」「怒りで私を動かそうとしている」と考えてみると意外にその人の弱い部分が見えてくるでしょう。人間関係の対処法はいろいろありますが、「それもあり」「その人だから、こんな対処をすればいい」とパターン化することで、自分の気持ちはずいぶ楽になるとおもいます。

ある程度の距離感を意識する

人間関係にはある程度の距離感が必要です。「近すぎず、離れすぎず」これは強いボクサーに、「負けない秘訣」を聞いたということ。その答えは「距離の取り方」というものでした。相手がパンチを出してきた時、よけようとしても、当たってしまうことがあります。でも、「この人は届かない距離を置けば、決して殴られることはない」。なるほどと思いました。言われてみればその通り。人間関係にも同じです。うまく距離をとればぶつかることはないはずです。「何だか、この会話を続ければ、揉めそうなきがする…」と感じたらとにかく距離をおくことに注力するのも悪くありません。

時には「仮面をかぶる」こともいいのでは?

職場にいれば、どうしても自分の思う通りにいかないこともたくさんあります。上機嫌な嫌味な上司と、それに媚びる態度をとる同僚、反発どころか、お互いのやり取りをみて、首をかしげてしまう場面を目にすることもいるかもしれません。でもそれをみている「あなた」に損得は関係のないことです。「あなたはどう思う?」って苦手な上司に聞かれたら「そうはいい考えですね」と仮面をかぶるのも手です。納得がいかないと思った、周りに同調したとしても、自尊心は保てるでしょう。この時に大事なことは「職場での違う本物の自分」をしっかり確保認識しておくことです。言い換えれば複数の顔を持つと言えば、面白いと思うようになるとおもいます「違う自分」を創り出すにはこれまでの自分の考え方を替えざる得ない状況になりますが、必ず「本当の自分」を獲得しておくことが大切です。さもないと、「違う自分」がいつのまにか「本当の自分」になってしまい、アイデンティティークライシスに陥いりますからね。なのでこれはちょっと上級の手法といえます。

人前での「協調的な自分」を演じることで、苦手な相手との会話も楽に楽しめると思います。