カウンセラー.xyz

迷えるビジネスパーソンのカウンセリング

カウンセリングの人気Posted 2016.11.19

    私たちは日々の生活の中で、どの立場に置かれていたとしても、多かれ少なかれ何らかのコミュニティに所属します。これはもちろん、望む望まざるに関わらず必須事項ですので、必ずしも気の合う人とばかり出会えるわけではありません。

    特に職場や会社は、人格のるつぼ、社会の縮図と言っても過言ではなく、上下の圧迫、左右のしがらみをうまく操縦しながら立ち回らなければならず、精神をすり減らして毎日戦いに挑んでいるという方も少なくないでしょう。

    今回は、今までとは少し趣向を変えて、迷える子羊ならぬ、迷えるビジネスパーソンのカウンセリングについてお話ししていきます。

    キャリアカウンセリングとは

    仕事をするという事は、平たく言うと、生きるための糧を得る事です。「お金をもらうって大変だな」とひしひしと感じ始めた新入社員もそろそろいるかもしれません。

    特に会社員の場合、会社の求める人材であり、上司の求める気遣いであり、部下から慕われる上司であり・・・様々な枠に自分を自在に変化させていかなければならず、気の休まる時がありません。自分を変化させるとしても、仕事においての自分の強みや弱み、どのようなビジネスパーソンになりたいのか、ある程度の将来的な姿が無いと、全く見当違いの姿に変身して満足している・・・そんな笑い話が普通に起こるかもしれません。

    そういった自分のシルエットが自分で見られないビジネスパーソンの為に、「キャリアカウンセラー」がいます。自分の行動の癖や周囲から見られている自分の印象、自分の軸になる譲れない事や潜在能力など、ぼやっとした自分自身の目指すべき姿や今の自分をより顕在化する事ができます。

    一生懸命頑張っているのになかなか成績が上がらない、何をやっても空回り、又仕事に対するモチベーションが保てないなどの、仕事に関する悩みを持っている方は、受けてみてはいかがでしょうか。

    転職の不安

    私も一社会人として自身の転職はもちろん、周囲の退職や入社の場面を見てきました。会社にもよりますが、比較的会社に不満があって退職したり、精神的に追い詰められたり、後ろ向きなものが多く、みんなに暖かく見守られて退職する場面は比較的少ないように感じています。

    特に人間関係で退職した場合は、転職に二の足を踏んでしまう事も少なくありません。もちろん円満に退職した場合でも、だれも知らない新しい環境に入る事はやはり不安になります。そして今の就職難の中、仕事に就けない、面接に受からないといった現実的な不安もあります。

    そんな時、カウンセリングが役立つ場合があります。転職活動をするときに必ず提出を求められる履歴書や職務経歴書の書き方や、自己分析に基づいた職業の適性、精神的な不安など、転職に特化したカウンセリングを受ける事ができます。

    最後に

    今では、以前のように、目を皿のようにして募集記事を見たり、ハローワークに足しげく通わなくても、スマートフォンで職場を探せる時代になり、そんな転職サイト内で気軽に仕事の悩みを相談できるコーナーも多く設けられています。しかし、その人となりがわからない分、どうしても通り一遍等の回答になってしまい、結局方向性を間違えるケースもある為、本当に悩みを聴いてほしい、次のステップに進みたいと考える場合、実際に対面型のカウンセリングを受けることをお勧めします。

    カウンセラー  カウンセラー
    PAGE TOP