部下が目標を達成しない場合のコーチングスキル3原則

DVのチェックリストとカウンセリング

SHARE

部下が目標を達成しない場合のコーチングスキル3原則

コーチングの意味

「コーチ」はその人の「自発的な行動を任せる人」そして、「相手の答えや能力を引き出すことのできる」人です。コーチングというとなかなか難しい手法じゃないのかと思う人も多いと思いますが、私たちが普段意識しないで、会話をしている中にもコーチングが含まれています。コーチングは、他者と会話を重ねることで、目標達成に必要な視点や考え方、気づき等を促し、自発的な行動を支えることです。コーチングはスポーツや、教育、ビジネス、医療現場など多くの分野で活用されています。コーチングについてのトレーニングや、本を読まれた方もいらっしゃると思います。でもなかには、コーチングを意識しながら指導を行っても「部下が期限までにレポートを提出しない」「何度も会社内でmail伝達しても返信が来ない」などと悩んでいる方もいらっしゃると思います。ではどんな問いかけ、言葉かけをしたら部下が動いて行動、し目標達成できるか、一緒に考えていきましょう。「コーチングの3原則」「コーチングのスキル」「コーチングを活用する上でのマインド」はコーチングの構造において、常に複合しています。

コーチングの3原則

➀インタラクティブ(双方向)

「コミュニケーションは双方向で行われるもの」だと思っている人も多いと思います。実際には、上司が部下と話す場合、上司が話して、それを聞いた部下が言われた通りにやるという、一方的なコミュニケーションになっていることがあります。権威や権限で従わせるやり方がその典型的な形です。どうですか?あなたの部下が「自分の思う通りに動いてくれない」「催促しなければレポートを提出しない」なんてことはありませんか?「テーマを設定したのにも関わらず答えが返ってこない」途中、呆れて「あんな提案までしたのに」と嘆いている方はいませんか?もちろん提案することは悪いことではありませんが、そのようなやり方だけをしていると、コンティンジェンシープラン(不測事態対応能力)の欠如という問題が起こりかねません。なにをするにも上司のお伺いを立てないと、物事が進まない状況になってしまいます。提案を考えながら、同時に相手の中の答えを引き出すことは、容易なことではありません。では「どうしたらいいの?」と考える方も多いでしょう。部下の自発性を促すには、「答えは相手の中にある」と信じることです。少し歯がゆいと思うかもしれませんが、部下が臨機応変に対応できるようにするためには、あなたの指示を与えるだけでなく、「辛抱強く相手の意見を待つ」ことが大事です。これがインタラクティブなアプローチです。一見、時間や手間がかかると思うかもしれませんが、それによって部下が自律的に行動を起こせるようになると、次第に部下は自分のアイデアをたくさん発言するようになるかもしれません。上司が「答えを待つ」というスタンスに立つと、あなたが何を言わなくとも、部下の考えているクリエイティブな意見が出てくるでしょう。新しいアイデアを生み出せる部下を育成できれば、あなたの仕事の時間の節約にもつながっていきます。インタラクティブなアプローチは、より長期的な観点に立って部下の育成を促すものと言えるでしょう。インタラクティブなアプローチなんて難しい用語を覚えなくてもいいんです。「相手への信頼を持って、答えを待つ」ことです。

②オンゴーイング(現在進行形)

コーチングは一度学習したからと言って、すぐにパフォーマンスが高まるわけではありません。部下に継続して働きかけていくことで、自然に身につくようになるのです。企業における管理職と呼ばれる方は「管理者の為のコーチング講座」などのコーチングセッションを受けた方が多いと思います。重要なのは、職場に戻って実践し、その後再びコーチングを受け。職場で実践するという繰り返しの行動が必要です。ある研究結果では、管理者が1回だけの研修では、部下の生産性の向上は28%だったのが、その後のフォローアップやコーチングを受けた結果、生産性は80%まで向上してそうです。部下の行動変容は上司=あなたの行動変容に基づいていると考えてもよいでしょう。行動変容は一日にしてならず、実践してお互いフィードバックを得ながら結果を確認し、改善し、またフィードバックを得る。こうしたオンゴーイング(現在進行形)な関わりによって、部下は少しずつ着実に変化していくのです。

③テーラーメイド(個別対応)

これまで行われてきた人材開発の手法の一つに、全員に対しすべて同じ方法をとってきたことが挙げられます。しかし人の価値観、考え方、行動パターン、物事の上止め方、情報処理の仕方は現在多様化している現在、全員に同じ方法を教えたからといって、部下全員が必ずしも同じ成長をしているとは限りません。コーチングは1対1で行います。個人差を無視して、一つのやり方をやり通したり、同じ言葉をかけたとしても、当然相手によって受け止め方は違います。だからこそオーダーメイド(個別対応)が必要となってくる訳です。最近では「人の思考の特性と行動の特性を、色と数字で見える化」したエマジェネスックスというツールもあります。これは人が物事をどのように考え、行動し、コミュニケーションをとるかを独自のプロファイリング方法」を使い分析するツールです。それを使うと何がわかるの?

・自分の強みがわかる

・自分の注意すべき点がわかる

・どのような働き方をすれば、あるいは、どんな環境であれば最も力を発揮できるかがわかる

・同僚、上司、部下とのコミュニケーションをスムーズにする方法がわかる

・チームで最高のパフォーマンスを発揮する方法がわかる

詳しく知りたいという方は調べてみるのも良いと思います。わたくし、このスポンサーではありませんのでご安心を。