初心者の疑問カウンセリングが高いのはなぜなのか?

SHARE

初心者の疑問カウンセリングが高いのはなぜなのか?

カウンセリング初心者の方は、なぜカウンセリングが高いのか疑問に思われる方が多いです。そこで本記事では、カウンセリングが高いのはなぜなのかを書いていきます。本記事は、これからカウンセリングを受けようと思っている方に役立つ記事となっています。

カウンセリングに必要な経費

カウンセリングでは、必要な道具などがあまりないため、経費があまりかからないイメージがあるかと思います。しかし、意外にもカウンセリングを提供するためにはさまざまな経費がかかってきます。主な経費は以下の通りです。
〇家賃 カウンセリングを提供するには、場所が必要です。場所を確保するには、当然家賃もかかります。特に都会は家賃が高いので、その分カウンセリング料金も高くなります。
〇広告費 カウンセリングもお金をいただいておこなわれるものなので、カウンセラーの生活がかかってるわけです。そのため、広告を出して宣
伝することで集客につなげているのです。
〇事務費 ペンや領収書などの文房具類に使われています。
〇人件費 人件費は学歴が高くなればなるほど高くなります。それだけ専門的な知識を学ぶのにはお金がかかるからです。

一日に行えるカウンセリングの限界

ものであればたくさん作ってたくさん売ることができます。そのため、消費者の負担が少なくて済みます。しかし、カウンセリングは一日に行える数が限られています。また、カウンセリングをするにはかなりの心的負担がかかりますので、パフォーマンスは徐々に落ちてきます。なので、1回50分のカウンセリングを一日8回もできればいいほうです。

カウンセリングは保険適用にならない

カウンセリングは基本的に保険適用になりません。保険適用もできる場合がありますが、その際は限定的なことしかできないため、効果を感じることができない恐れがあります。では、なぜ保険適用にならないのでしょうか。主な原因は、カウンセリングの効果の研究が進んでいないこと、社会保障費の縮小の影響を受けていること、薬で足りると考える人が多いことの3つです。

安いカウンセリングには気をつけるべき

カウンセリングが高いと、どうしても安いカウンセリングを受けたくなってしまうと思います。しかし、安いからといってカウンセリングを受けると失敗してしまう可能性が高まります。主な理由は宗教の勧誘の入り口になっている、訓練や研修を受けていな、趣味の延長線上でやっているの3つです。

真剣に悩んでいるなら最低6000円の投資を

真剣に悩んでいて、カウンセリングを受けたいという場合、最低でも約1時間6000円の場所をおすすめします。なぜなら、この額を下回ると、カウンセリングの質が落ちてしまう可能性が高いからです。いくら安いカウンセリングを見つけたとしても、真剣に悩んでいるならある程度の出費は考える必要があります。それは自分への投資でもあるからです。また、だからといって高いカウンセリングに行けばいいのかというと、そうでもありません。なぜなら、カウンセラーとの相性があるため、行ってみないと分からないという面があるためです。そのため、サイトなどに載っているカウンセラーのプロフィールはよく確認しておきましょう。