カウンセリングの基礎傾聴を身に着けるために必要なこと

カウンセリングとコーチングの違い

SHARE

カウンセリングの基礎傾聴を身に着けるために必要なこと

カウンセリングの基礎である傾聴。その傾聴を身に着けることにより、あなたの人間関係にはメリットが生まれます。そこで本記事では、傾聴を身に着けるために必要なことをご紹介していきます。
本記事は、
・大切な人の話を聴きたい
・人間関係をよくしたい
・相手と深い関係を築きたい
という人に役立つ記事となっています。

そもそも傾聴とは

傾聴とは、相手をより深く理解し、尊重するための話の聴き方です。この傾聴には、相手からの深い信頼が得られ、よりよい人間関係を築けるというメリットがあります。そして傾聴にはとても大切なことがあります。それは相手を否定することなく尊重するという姿勢です。私達は自分の考えと相手の考えが違うと、反論してしまうことがありますが、傾聴ではこれをしません。なぜなら、相手の心を閉ざしてしまうことになる可能性があるからです。そのため、否定することなく共感的に相手に耳を傾けることが大切なポイントです。この姿勢は相手を理解する上でとても重要な意味を持ってきますので、ぜひ覚えておいてください。

傾聴の方法

傾聴では、相手のために話を聴き続けることに集中をします。では、具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。積極的な傾聴のポイントは非言語的なものを大事にすることです。非言語的なものとは、相づちや、表情、沈黙、アイコンタクトなどといったものです。では、この非言語的なものをどのように傾聴に役立てていくかを以下にまとめたのでご覧ください。

相づちを打つ

たまに少し大げさになるように頷いたり、ゆっくり頷いたりしてみましょう。そして話し手の雰囲気やペースに合わせてその頷きに強弱をつけると相手がさらに話しやすくなります。話しやすくなると話し手は、さらに深い話をしてくれるようになるため、より話し手を理解することができる機会が増えていきます。

アイコンタクトを大事にする

心を込めて目や表情で反応をします。この際に、否定的な目や表情をしてしまうと話し手は心を閉ざしてしまうので、内心はそう思っていてもそれが出ないように気をつけましょう。

相手の気持ちを汲み取る

相手の表情や姿勢、雰囲気、呼吸のリズムや仕方には相手の心が映し出されています。そのため、相手のこういったものをよく見て考え、相手の話しやすい雰囲気を作ることを心がけましょう。相手の話しやすい雰囲気を作ることは、相手の気持ちを汲み取るということでもあり、相手の内側でこの人にならわかってもらえるかもしれないという気持ちを抱かせることができるため、傾聴ではとても大事な意味を持っています。

また、傾聴では相手の鏡になることが大切です。相手の鏡になるためには、相手の話や感情について受け取り方に違いがないかという確認の意味も込めて伝え返しをします。この伝え返しには主に2つの方法があります。1つ目が、相手が使った言葉で返すという方法です。そして2つ目が、相手の使った言葉に限らず、あなたが受け取ったことを伝えるという方法です。2つ目に関してですが、あなたの受け取り方が違っていても相手が訂正して話してくれるのでより深く相手を理解し、尊重することができるようになります。