カウンセラーの種類

カウンセリングの手法の種類

そもそもカウンセラーって︖どんな種類があるの︖

カウンセラーにもたくさんの種類があります。具体的には、以下のようなものです。
家族カウンセラー
企業のカウンセラー
民間や自治体窓口の相談員
スクールカウンセラー    ・・・・などなど
その他にも、さまざまな種類があります。

カウンセラーになるにはどんなことを勉強するの︖

人間には心理が働いています。「○○したい」「○○が欲しい」問いいたものです。
誰でも、自分の言動や行動に後悔したことはあるはず。
「どうしてあの時、あんなことをしてしまったんだろう・・・」
それは、無意識の心理が働いているためです。
無意識に、心の奥底に隠している心理が、ふとした時に行動やしぐさ、言動となって現れます。
カウンセラーは、その無意識の隠された心を面談や傾聴と言った方法で明らかにし、問題解決のためのプロセスを考えるなどの支援をする知識、技術を勉強する必要があります。

カウンセラーはどん悩みを聞いてくれるの︖

カウンセラーは様々な悩みを聞きます。

カウンセラーは臨床心理士が必須なの︖

カウンセラーになるには臨床心理士の資格が必須と思っている人も多いですが、必ずしも必要ではあ
りません。
臨床心理士になるには、専門の大学院の課程を修了する必要があります。
臨床心理士以外のカウンセラーの資格には、さまざまなものがあります。
・心理カウンセラー
・メンタルケアカウンセラー
・メンタル心理ヘルスカウンセラー
・産業カウンセラー
・学校心理士
・心理相談員    ・・・・などなど
その他にも、実に様々な資格があります。どれもカウンセリングに必要な知識や技術を身に付けてい
ることを証明する資格ですので、どの資格を持っていても、カウンセラーとして活動することが可能
です。

カウンセラーになったらどんな働き方ができる︖就職は︖

カウンセラーとして働く場合、さまざまな働き方が考えられます。

カウンセリング・カウンセラーのおすすめ記事

クライアントとの信頼関係!カウンセリングの繰り返しの技法とは?

カウンセリングの転移とは?陽性と陰性や具体例

カウンセリングで泣くという事