アメリカのカウンセラー制度は?日本よりも気軽にカウンセリングを受けられる

アメリカのカウンセリング制度

SHARE

アメリカのカウンセラー制度は?日本よりも気軽にカウンセリングを受けられる

アメリカのカウンセリング事情についてです。
アメリカにおけるカウンセリング制度の社会における位置づけとカウンセラーの立場は、日本の制度と比較すると様々な特徴があります。

カウンセリングが広く普及している

アメリカでは、カウンセリングが社会の様々な場所や場面で広く普及しています。
学校には複数人のスクールカウンセラーが在籍し、病院にはメンタルヘルスを担当するカウンセラーが在籍しています。
また、かかりつけの医者を選ぶように、各家庭にはかかりつけのカウンセラーが存在します。
家庭内で夫婦関係や親子関係などの問題が生じると、かかりつけのカウンセラーに相談に行きます。
アメリカでは、カウンセリングは問題解決の手段の一つとして、社会や家庭において認識されています。

アメリカのカウンセリングと保険

アメリカのカウンセリング料金は、だいたい一万円前後です。カウンセラーの腕や知名度によって、相場も異なります。
アメリカでは、保険制度は民間のものに加入するのが一般的ですが、基本的にカウンセリングには保険が適用されます。
保険が適用される回数はだいたい10回前後なので、アメリカのカウンセリングのプログラムもその回数を目安に組まれている場合が多いです。

アメリカのカウンセラーの守秘義務

アメリカではカウンセラーには法によって守秘義務が課されています。
アメリカで悩みを相談する場合に、友人ではなくかかりつけのカウンセラーに相談する、という概念が浸透している理由の一つは、この守秘義務です。
カウンセラーがカウンセリングの中で知った秘密は、本人の許可がない限り家族も含めて第三者には公開されません。
そのため、アメリカのカウンセリングにおいては、個別に秘密保持の契約を締結しなくても、安心してプライベートについて話をすることが可能になっています。

気軽にカウンセリングを受ける

アメリカではメンタルについて深刻な症状や問題がなくても、相談事があれば気軽にカウンセリングを受けます。
自己管理が社会における大きな価値基準の一つとなっているアメリカでは、メンタルや日常の心配事の問題を解決するために、自己管理の一環としてカウンセリング制度を利用します。
体が痛んだら医者にかかってケアをするように、心が痛んだらカウンセリングを受けてケアをします。

アメリカのカウンセラー制度

アメリカでは、カウンセラーの職業制度は各州の州法によって規定されています。
細かい部分は各州の法によって異なりますが、アメリカでカウンセラーになるためには、一般に大学院で心理学に関係する分野の修士号か博士号を取得する必要があります。
大学院の在学中には研修があります。合計で3000時間程度の研修をこなす必要があります。研修は実際にカウンセリングやセラピーを経験する、臨床が中心になります。
大学院卒業後は、インターンとして引き続き訓練や研修を受けます。最終的にカウンセラーのライセンス試験を受験し、合格すると資格が与えられます。
カウンセラーになるために高度な学習が要求されていることは、アメリカにおいてカウンセリング制度が高い信用を得ていることの理由の一つです。
他方、アメリカでカウンセラーになるためには、高い学費や長い学習時間が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です